1236 伏見寺田屋へ

陸上交通が発達するまでは、人と物資を運ぶのは舟。大阪は、船運によって運ばれてくる日本各地の物産の集散地。『天下の貨七分は浪花にあり、浪花の貨七分は舟中にあり』と栄えた水の都でありました。そして、各地の物産と人は淀川を遡って京都へと、そして、京の文化は淀川を下って、日本各地へと運ばれいったのでありました。

川を上り下りする川舟、淀舟(30石舟)は、大阪天満の八軒家と京都伏見の京橋を結んでいたのでありました。(昭和の時代まで石炭船が伏見まで通ったということです)。そして、川船の発着地伏見は京都の南の入り口として栄えた町。6軒の大きな舟宿があって、その一軒が幕末の頃の事件の舞台となった寺田屋でありました。

幕末の頃も、情報と人を運ぶ最も早い手段は舟。戦いの必須の条件でもあります。京都の異変の知らせは伏見を下って大阪へ、瀬戸内海を山口へと。山口からは兵士を積んだ舟がすぐに京都へ。その頃江戸への知らせはまだ東海道の途中。幕末は舟と徒歩との闘いでもありました。

文久2年初夏、寺田屋に集まった薩摩急進派を藩主久光は『討て』と命令し、薩摩藩士同志の悲惨な闘いが。その事件のすぐあとに、龍馬は定宿にしていた寺田屋へ来ています。

 

「あっ、お客さま今日は休みでござりまするが」 「そうらしいなあ」
竜馬はニコニコしながらもう土間に入り込み、かまちを上がって、どんどん奥へ歩いていった。

女将のお登勢が、ふとのれんをあげて。「まあ、坂本さま」と、奥の間へ通っていく竜馬の背を見ておどろいた。「坂本さまではありませんか」 竜馬はふりむいた。 「いったい、どうなさっていたのです。風のたよりにうかがうと脱藩なされたそうでございますな」 
「そうそう。脱藩した」にやにや笑っている。「名も、じつは変えちょる。おれは才谷梅太郎というんじゃ」
「でも、お顔はものとままどすえ」 お登勢は、肝のできた女らしく、あごをくびらせて笑った。
                              −司馬遼太郎 『竜馬がゆく』 より

その夜、竜馬は寺田屋に泊まり・・・・・・・・・・


音色(三味線の)をしらべていたのが、やがて、寺田屋殉難の志士を弔う即興の端唄をうたいはじめた。    

 

咲いた桜に
       なぜ駒つなぐ
駒が勇めば
        花が散る


竜馬は、さらに一曲

何をくよくよ川端柳
       水の流れを見て暮らす

 

123601.jpg (33346 バイト)

未だ行ったことがない。山口への帰り途、新幹線途中下車、伏見の寺田屋へ行ってみました。

京都駅から京阪電車に乗って、伏見桃山駅で降りて、大手筋商店街通りを歩きます。
完全車社会の地方都市ではこんな町中にある商店街絶滅状態。の、ところ駐車場がない都会では、大にぎわい。日本の古い生活を見るなら大都会に限ります。八百屋、肉屋、郵便局、魚屋・・・

 

123602.jpg (33430 バイト)

 

こんな商店街でも菓子屋は立派〜(喫茶店も)。さすが見栄には気を配る京都です。

 

123603.jpg (37379 バイト)

 

佃煮屋さんも目立つなぁ。京都はロクな食い物ないから。
ハモなんが我が故郷ではダシにしかせんのに・・・

 

123604.jpg (30845 バイト)

 

魚屋さんのシジミの横に・・・・ドジョウがっ!まだ、こんなもん売っとるか。さすが京都です。

 

123609.jpg (34057 バイト)

 

5分ほど歩いて、大手筋通りが終わる直前に、南へ曲がると、
路地のような細い道が続きます。寺田屋までもう2分です

しかし、伏見の街並みは江戸室町より古いままか もです。

 

123610.jpg (27578 バイト) 路地のような道の両側にも店があって。
おっ!美味そうなバッテラ。

そういえば京都への物流のもう一つの道は北国への道。

越前福井に集まった北国日本海の物産は琵琶湖を越えて、京都へ。鯖の道です。

伏見桃山駅を出て10分足らずで寺田屋に着きました

 

123611.jpg (54320 バイト)

慶應2年1月22日薩長連合を成し遂げた竜馬は、24日には寺田屋に戻り、長州藩の三吉慎蔵とともに宿泊、

おりょうは、素裸になった。 小柄だが、色が白く、肉付きもしまって、敏捷な森の動物のような体をもっている。 湯殿は宿のそれだからふつうの家庭のものよりも三倍ほど広い。  
奇妙なことに気づいた。 湯気が流れているのである。 
「なんだ。・・・・」 と、おりょうはわれながら、自分のうかつさがおかしくなった。
窓があいている。窓は裏通りに面している。 おりょうは手をのばしてそれを閉めようとして、あっと声をのんだ。 裏通りに、びっしり人が並んでおり。提灯が動いている。 
「捕方。・・・・」 と、思ったとたん、おりょうはそのままの姿で湯殿をとびだした。 
自分が裸でいる、などは考えもしなかった。 裏階段から夢中で二階へあがり、奥の一室にとびこむや、
「坂本様、三吉様、捕り方でございます」 と、小さく、しかし鋭く叫んだ。 
竜馬はその言葉よりも、むしろおりょうの裸に驚いた。 
「おりょうなにか着けろ」 と言いすて、三吉慎蔵をふりかえった。

 

寺田屋一件の変報を受けたとき、西郷はこの朝いつもより遅く起き、このとき井戸端で顔をあらっている最中だった。中村半次郎が駆けよってきてわめいていた。
そのわめき方がすさまじいので、西郷ははじめなにをいっているのかわからなかったが、その事態がわかると、「半次郎どん兵をよういせい」 と、どなった。 
西郷の顔が、血膨で真っ赤になっていた。 この巨漢がこれほどの怒気を発した姿を、半次郎は生涯みたことがない。 「承った」

その騒ぎの最中に第二報が入って、竜馬と三吉慎蔵が、それぞれ傷を負いながらも無事薩摩藩邸に入った、ということがわかった。  西郷はほっと大溜息をつき、こんどはいつものこの男の表情にもどって指示をはじめた。

 

123612.jpg (52329 バイト)

 

寺田屋の前の道を渡るとすぐ下に堀川が。伏見は酒所。月桂冠の木造の酒蔵が今も川沿いに長く続いています。ここが大阪からの淀船の終点、港です。舟を降りた竜馬は岸をあがって寺田屋へ・・・・

ここが、幕末のさまざまなドラマがあったその場所か〜!と感激しながら食べたバッテラ525円が非常に美味かったことを報告して、伏見寺田屋探検の報告を終わります。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home