1333 オオマルバノテンニンソウ

 

  133302.jpg (26668 バイト)   133301.jpg (31025 バイト)

天人草とは・・・優雅な名前です。まだ、蕾と咲き始めですが、こんな花が100本も並ぶと(普通群生します)、天人が遊んでいる図に・・・・なると言えばそうかもしれません。

北海道の大雪山の麓には天人峡があります。温泉と羽衣の滝が有名で、すぐ近くまで行きましたが見そびれました。『お勧めの、ええとこだヨ』と弟も言ってました。天人峡の雰囲気が分かれば、なぜ天人草かが分かるかもしれません。

この植物、またの名は「ツクシミカエリソウ」・・・・見返り草。どっちに転んでもええ名前をつけて貰っています。

wb00955_.gif (255 バイト) Home

 

133304.jpg (42640 バイト) 同じ頃に咲く、同じシソ科の花ですが、 「カワミドリ」

カワミドリという名前の由来も不明です

が、

名前ではテンニンソウに、負けています。