1359 テイカカズラの種

 

135902.jpg (21308 バイト)   135903.jpg (25854 バイト)

そこらを散歩していて、ふと藪を見ると、「逆Vの字型」や「大股開き、今日は走るぞ」がぶら下がっていることがあります。


135901.jpg (27656 バイト)

これ、藤原定家の定家で、テイカカズラの果実です。テイカカズラは初夏の頃、4cmはあるちょっと香りもよい花を咲かせる蔓植物です。「逆Vの字型」や「大股開き今日は走るぞ」は長さが、20cmくらいのも普通にあって、必ず2個がセットになっています。

この花から何でこんな形の果実が、どうやってできるんか・・・は、知りませんが、驚きです。


135904.jpg (16809 バイト)

ちょっと褐色になった果実を割ってみると、4cmはある大きな綿毛付きの種が端正に並んで入っています

135905.jpg (24941 バイト) 

さっそく取り出して、風にでも当てると、綿毛があっという間に膨らんで、どこかへ飛んでいきます。

というわけで、冬の道を歩いていると、こんな綿毛付きの種がよく落ちています。「ほ〜っ 近くにテイカカズラがあるんか」、ということが分かります。

wb00955_.gif (255 バイト) Home