1360 ラオスの旅V(31)そして朝が来て

牛の声やニワトリの声、話し声や子供の笑い声で目が覚めた8月28日朝。まだ6時半!

136016.jpg (48930 バイト)

丘の下の小さな部落ではもう一日の生活が始まっていました。

136001.jpg (40389 バイト)

遠くの山には朝日が当たり・・・一泊50ドルではもったいないような眺めです。

もう目が覚めたから朝ご飯でも食べてみようか。

 

136002.jpg (48449 バイト)  136017.jpg (42581 バイト)

ドアを開け外へ出て、昨日から気になっていた花を眺めてみました。子供の握り拳より大きな、燃えるよう朱色の、豪華な Afirican Tulip Tree  または 火焔木。 虎の爪のような蕾も迫力があります。

136004.jpg (35717 バイト)

もうおばちゃんが掃除をしていました。が、次々と地面に落ちてくる花を、ちょっとでも落ちていたら、さっそくホウキでお掃除。お客は一人だからええのに。

3人くらいが若者従業員の見張られながら(お客は一人。みんなで暇ですから)、フランスパン、炒り卵、メロンの生ジュ−スの朝ご飯を急いで食べ。時間がたっぷりあり、朝から気になっていた事もあったので庭を(草むらのような庭)ブラブラしてみました。

ムクゲの花の周りで、ブンブンの羽音で飛んでいた虫は何かな?

 

136008.jpg (37048 バイト) 近寄って見るとカミキリが群がっていました。3cmくらいに近づいても無視、逃げる様子もなしの図々しさで、庭のムクゲの花はほとんど食べられていました。

136011.jpg (29278 バイト)

あれっ シェンクアンではカブト虫はムクゲにやって来るか!オスとメスが茎を囓って何か作業をしていました。一応記念に捕まえおこう。 

その後、部屋のドアを開ける時逃げられました。が、しばらくするとドアをノックする音が。手にカブトムシの掃除のおばちゃ立っていました。ありがとう。誰も見てないと思ったのに・・・・・見張りが多い、油断ができないホテルです。

 

136009.jpg (23100 バイト)

136005.jpg (23539 バイト)

草むらでサトイモの花が咲いていました。日本では滅多に見られないサトイモの花、幸運です。 それから、草のような小さなノボタンもありました。

 

136014.jpg (55853 バイト)

136013.jpg (70633 バイト)

そして、丘の下の水田に日が当たり出した頃、小さな子供達は走って、女の子達は日よけの傘をさし、あぜ道を町の方へ歩いて行きました。

Back   wb00955_.gif (255 バイト)   Home  Next