1378 ラオスの旅V(44)学校を建てよう〜

人生に必要なものは健康にお金に、そして、知力です。知識だけでなく知恵・知性・常識・良識・ものの見方などの知力です。知識とはともかく、知力というのはどんな役に立つか?と問われると困りますが、生きていくのには意外と役に立ち、お金がなくても日々の生活を豊かにしてくれます。と、思います。

どんな役に立つか、どんだけ儲かるか、評価しろ!の小泉改革万能の時代になってきましたが・・・なかなか評価が難しい知力は評価されなくなり、ええ〜っそんな〜という悲惨な事件や驚愕の事件も増え、日本は一体どうなるんだろう (-.-;)y-~~~。やはり知力の荒廃があるのではと思っています。

知恵・知性・常識・良識・ものの見方などが欠如してると小泉さんや竹中大臣のような人物ができあがるんです。

知の力を身につける方法はいろいろありますが、やはり教育・学校が肝心です。学校はどんな役に立ってるか?成果は?評価してみろ!が小泉流ですが、教育とか学校というものは評価の方法があるんか? だし、「ああ〜本を読んでいたよかった〜」とか「勉強は嫌いだったけど学校は面白かった」ような事が分かるのは、学校を卒業して30年後くらいのことであり・・・

学校や教育に文句を言う前に、知ってますか? 教育にお金をかけてない国は断然日本です。他の先進国の半分くらい。教科書問題っ!教科書つくりにかけてる予算ではイ−ジス艦が一隻も買えません。半分だけ。「どこが教育国日本なんじゃ 金返せ」。

 

シェンクワンから7キロくらいの カンカイ という小さな町の中学校を覗いてみました。

 

137805.jpg (31620 バイト) どこの学校でも、看板には必ず「ロウソクの灯りで本」が付いています。

分かりやすく共感を覚えるロゴで好感が持てます。ラオス教育省の公式ロゴです。


137807.jpg (33123 バイト)

運動場の端に、1、2,3年生用の木造の建物が3棟。


137806.jpg (20141 バイト)  137811.jpg (22767 バイト)

板壁にトタン屋根、床は土です。  覗きはいかんよ〜。   断りをして中を見せてもらいました。

 

137808.jpg (32573 バイト)

天井に証明は無し。小さな窓と板の隙間からの光だけ。何とか字が書ける剥げた黒板。それでも、女の子はきれいな髪飾り。おしゃれは忘れてません。

 


137810.jpg (30950 バイト)  137803.jpg (29298 バイト)

途中で雨が降ってきて、教室の中は字が見えないほど暗くなり、風がやんで蒸し暑く・・・・。

ラオスではこれでましな部の教室だそうです。学校がない村がたくさんあります。貧乏な国なので全ての地域に学校を建てるのも難しく。遠くから通ってくる子のためには寮つきの学校が必要で・・・小学校に入学しても家庭の事情で男の子は平均4年、女の子は3年で通学をやめ・・・。

やはり知識・知恵・知性・常識・良識・ものの見方は大切です。何とか小学校くらいは卒業させてやりたいものです。2年前、ラオスでお会いしたSさんはそんなラオスに学校を建てようと頑張っています。偉いなぁ〜と気持ちだけですが応援しています。

Back   wb00955_.gif (255 バイト)   Home  Next