1432 イワタバコ

 

  143202.jpg (38056 バイト)     143206.jpg (46863 バイト)

夏でもちょっと涼しくて、水しぶきが当たるような、水が浸みだすような、水気がある切り立った岩壁が好きなイワタバコです。 あそこまで登ると落ちて死ぬよ! 滝のしぶきでカメラが濡れる!ような怖い岩上で咲いているのが特にきれいな気がする困った奴です。

 

143204.jpg (29381 バイト)

143201.jpg (31564 バイト)

143205.jpg (25965 バイト)

 

葉がタバコの葉に似ているのでイワタバコです。根本から,10cmくらいの細い茎を伸ばしで、その先に散らばって花が咲きます。

1.5cmくらいの小さな花ですが、奥の方に朱色の模様がある、深い紫色。暑い真夏に見るとホッとします。鋭い蕾も面白いし。

最大の欠点は下向きに咲くことです(日当たりが良い場所で上向き咲くそうですが)。
足場が悪い岩にへばりつき、体を屈伸させながらなので、なかなか上手く撮れません。

しかし、なんで好き好んで岩の上に生えんといかんか?近くには土もあるのに。いろいろあるから面白い生き物の世界です。

 

 

 

   

家庭で人気のセントポ−リアはイワタバコの仲間です。ケニアやタンザニアの山岳地帯が原産地。やはり湿った岩壁に生えているそうです。

大学生の時、ふとした気の迷いから、アフリカのこの辺りにいって暮らしてやろうか!と考えたことがあります。ゴリラを見に行きたいが理由でしたが、羽仁進監督 渥美清が主演の『ブワナ・トシの歌』 という映画を見てさらに加速しました。渥美清はトラックの運転手。荷物を運ぶためタンザニアのダラエスサラ−ムからアフリカを横断する話しです(記憶ではだったような)。この映画、静かで叙情的で男的ロマンチックで渥美清の映画では一番の映画です。ぜひお試し下さい。

アフリカの本も読み、ンデイオ ブアナ ムズリサ−ナ・・・スワヒリ語も勉強して・・が、何となくアフリカ行きはやめ。青春時代にはありがちな事ですけど・・・

wb00955_.gif (255 バイト) Home