1464 再見 アンコ−ルワット:再見アンコ−ルワット!

 

146404.jpg (13147 バイト)


中央祠堂も見上げたので、また、第二回廊に戻り、外へと向かいます

 

146405.jpg (25381 バイト)   146406.jpg (37103 バイト)

146408.jpg (31559 バイト)

わたしは第二回廊では南の廊下が好きです。西や北は中央祠堂へ向かう人でいっぱいですが、南の廊下は、ここまでで疲れきったというか、「もうええワ〜」状態なので、大抵の人は足早に過ぎ去って行き、人影もない し〜ん とした時があって、ここが栄えた頃は何百が何千人もの僧がこの廊下を歩いていたかぁ の不思議空間が現れる時間が過ぎていくようで、好きです。

 

146409.jpg (36592 バイト)   146401.jpg (35896 バイト)

アンコ−ルワットは西が正面、裏の東から出てみました。ここにも安全に歩けるよう観光用階段ができていました。

前、来た時は向こうに見えるテラスで雨が止むまでの2時間、じっと座っていました。同じ場所にじっと2時間も座っておれない性格なので、印象的な雨の2時間でした。アンコ−ルワットの裏は深い森になっています。

 

146415.jpg (33223 バイト)

森には猿が住んでいます。あまり人を気にしてないようで。猿はアンコ−ルトムにも居ました。

 

146410.jpg (47562 バイト)

南側です。アンコ−ルワットが相当しっかりした大建築だということが、よく分かる場所なんですが、みんな疲れているので先へと急ぎ 振り返る人も少なく・・・みんな振り返ってみたら!の場所です。

 

146412.jpg (38446 バイト)

それから少し歩くと、4つ見えてた塔が、3つになる ここ 好きな場所です。振り返り振り返りしながら歩いて行くと、大きなインド菩提樹の木がありました。すぐ下の地面に紅い花が落ちていました。インド菩提樹の横に古いフトモモの木があって、花を散らしているのでした。 再見アンコ−ルワット。

 

146414.jpg (40345 バイト)

Back   wb00955_.gif (255 バイト) Home  

予算の都合上、格安観光パック券を買ってシェムリアップの大型ホテルに泊まっての、たった3日の観光でしたが、7年前に比べ 街は大きく変わっていました。地雷の心配もなくなって、赤土が舞い上がる道は舗装され、、コンビニのようなものでき、困ることなしの便利な街に。カンボジアの発展は急速です。

よしっ これならカンボジアも大丈夫。自由な旅ができる時代になったか〜。と旅の報告を終わります。

8ヶ月後、2008年10月の  『カンボジアの旅』  に続く