1469 カンボジアの旅(6)ビンタイ市場

 

元大統領官邸の次は、南西10キロくらいにあるショロンのビンタイ市場に行ってみました

 

146801.jpg (25202 バイト)

ショロンは中国人が多い、昔のサインゴの賑わいがそのままに。今も賑わっている街です。路地を入ると面白そうで、ベトナム戦争当時も外国の新聞記者やカメラマンも住んだり、飲んだくれたりしてた街のようでもあり、機会があればユックリと歩いてみたい所でした・・・開高健も来たかな?

 


   146804.jpg (42566 バイト)

ビンタイ市場の正面入り口です。写真の都合上小さく見えますが、生鮮食品から、日用雑貨から、貴金属から・・・、1.2階合わせて2000店くらい。市場と呼ばれていますが、無い物は無い!というグチャグチャ大ショッピングセンタ−です。市場の店は卸売り兼小売り店が多いそうで・・・

 

146818.jpg (28462 バイト) サイゴンは車とバイクが押し寄せて、油断なく歩いても危ない、早い者が勝ちの交通ル−ルで運営されています。
当然、駐車場なんかあっても、無いような街です。

から 『車はどこに停めようか (-.-;)y-~~~』 と困った人が居ると、どこからとも親切な人が現れ  『はい そこで ハンドル切って〜』。「ありがとう じゃ」と少額のお金を払います。

インドネシアでは街ごとに色が違うそれらしい制服を着ていて、国のスム−ズな交通に貢献しています。駐車屋さんです。なお、同国には右折屋さん、左折屋さんもいます。

制服は着てないけど、いるんですね〜サイゴンにも 駐車屋さんが!と感激しました。

 



146819.jpg (39015 バイト)

入り口の左手にも、ずら〜っと店が密集状態で並んでいます。

 

146820.jpg (54964 バイト)

 

146821.jpg (44463 バイト) 市場の建物近くの路上にも、いろいろの青空店が並んでいます。これは、甘味屋さん。ベトナムに限らず、東南アジアの甘味は多彩。材料だけでも日本に3周くらい差をつけてます。

それからベトナムの女性はほとんど みんな帽子を被っています。(日焼けしないよう美容の観点からか?)。『美容、エステなどはベトナム人が一番よっ!』という評判は確かに東南アジアの各所で聞きました。

一番か二番はともかく、東南アジアで帽子を被ったおばちゃんとすれ違ったら、それは日本人かベトナム人です。間違い無し。

 

146814.jpg (23913 バイト) それからベトナムでも、カンボジアでも女性はみんな長い髪でした。。(短く見えてもを巻いてるだけでやはり長い髪です)

隊長、社長、庭師の3人とも確信を持って、証言できます。もし、今後。短い髪の女性の写真があったら料金をお返しします。

『それは女性の地位が低いせいじゃない!』 というご意見を伺いました。確かに。確かに近代化がすすみ女性の社会進出が進んでる国では短髪の女性が増えてきます。

が、ベトナムでもカンボジアでも女性は、日本以上に働いて、日本人以上におしゃれです。から、女性が遅れてるというのは当てってません。

長い黒髪を大切にするという習慣があるに、間違いありません。
私はどちらでもいいんですが、長い黒髪は世界的には高い評価を受けています。

 

     146807.jpg (22031 バイト)

なお、マスクやヘルメットにもやたらとワッペンのような物を貼り付けてました。これもおしゃれなんか、どうかは、確信が持てません。

 

146805.jpg (47599 バイト)

よし、右手の方から探索してみよう。

 

 

146809.jpg (24139 バイト)  146811.jpg (22460 バイト)

砂糖屋さんもずらり。色つきもありました。何か混ぜているんでしょうか?右はヤシ砂糖です。

 

146817.jpg (47891 バイト)

ベトナムは海産物が豊富でスルメもいっぱいです。日本ではスルメは高いから、定年になったらスルメ商社を興して儲けてやろうと密かに思っていましたが、

もう、とっくにベトナムから大量のイカが日本に輸入されているという事実を最近知りました。全く油断も隙もありません。

 

146812.jpg (44906 バイト)

カラフルな干しエビも山積みで。ベトナム産のエビも日本に既に輸入されているようで・・・干しエビ商社で大もうけも 既に手遅れのようです。

 

146815.jpg (51714 バイト)

『うちのエビは地味な色でしょ』

この疲れたような、夢見るような 表情がいいなぁ の自然な感じの写真が撮れたとこで市場入り口辺りの紹介を終わります。

Back   wb00955_.gif (255 バイト) Home   Next