1480 カンボジアの旅(11)シェムリアップへ

 

cambodiamap4.GIF (7769 バイト)

2008年10月7日水曜日。朝6:10起床(旅に出ると早起き鳥になります)。今日からいよいよ本番のカンボジアです。シェムリアップから入国して、プノンペンまで横断の計画です。

ホテルからホ−チミン国際空港まではタクシ−で約30分。料金は18ドルと意外と安く。


148002.jpg (26094 バイト)

ホ−チミン国際空港はぴかぴかの新品。こじんまりとして便利ですが、営業している免税店もチラホラ。エアポ−トタックスも不要。好感が持てます。が、水が3ドルは高い!次々と飛行機が発着していきます。ベトナムは景気上昇中のようです。

今日の飛行機は3+3列のA321。眺めがよい窓際35A席が取れました。11:58離陸、12:45シェムリアアプ着。のあっという間です。

148005.jpg (19977 バイト)

シェムリアップに来るのは2001年、2008年2月、そして今回で3度目ですが、1,2回目は夜。初めて明るい時に来ました。

高度を下げて、もうすぐシェムリアップ空港という辺りで下を見ると全面水浸しです。この辺りは2月に来たトンレサップ湖近くのはず。トンレサッップへの道の両側は広々しているのに 「なんで稲を植えんのか?」 と不思議に思いました。2月は乾期、10月は雨期。これでは田んぼは作れないはずと納得です。

 

148007.jpg (29202 バイト)

納得後、2分でシェムリアップ国際空港に着陸。2月は行きも帰りも夜。シェムリアップ国際空港はこうなっているのか!と初めて全貌が分かりました。ので1枚パチリ。

 

148008.jpg (25882 バイト)

カメラする私を庭師がカメラしてくれました。仲間がいると便利です。ここは飛行機まで徒歩で行く、庶民的な空港です。乗客は全部外人と思っていたら、三人組の日本人のおねちいちゃん達も乗っていました。

10月は雨期の終わりで日本人団体さんの姿もなし。のんびりと旅ができます。初めてで、どうしていいか。困っている様子の3人組にビザの取り方を教えてあげて。空港から出るとガイドのビチェットさんが待っていてくれました。

任務ありの、手作り旅の準備はそれなりに大変です。種をまいておいて、育てて、ここへ来るまでに10月かかりました。今回の旅は(も)観光ではなく 「カンボジアがどうなっているか?を探る」 任務の旅です。

この旅日記を見て、「遊んどるな!」 という感じがしたら、それは私の不徳の致すところで・・・・あくまで任務の間の暇に撮った写真です。と、仲間の庭師と社長の名誉のために言い訳をしておきます。

どうなっているか探るの旅ですが、突撃取材では解る訳もなく、英語が通じる場所だけなく・・・観光ガイドならいくらでもいるカンボジアですが、いい人は居ないか!と四方六方に連絡を取り、見つけ出したガイドがビチェットさんです。日本から英語メ−ルで連絡をとるとビチェットさんから日本語メ−ルが帰ってきました。\(^o^)/ 

日本のA新聞社の支局員もしたことがある、ビチェットさん34歳。頼りになります。のことはまたそのうちに書きます。5日間案内してもらいました。

ホテルに荷物をおいて、さっそくトンレサップ湖へ

 

148009.jpg (36414 バイト) 人とのつきあいは最初が大切です。

シェムリアップとトンレサップ湖は車で20分くらいと近く・・・もうすぐ着くという辺りの小さな村に、トタン屋根だけの小さな市場があったので、さっそく車を停めてもらいました。

『こんな所が好きなんか!』とビチェットさんはちょっと意外感を持ったようですが・・・

そんな事が解って貰えると次からはそんな所も自動的に案内してくれて、あとは特に何も言わなくても楽な日々になります。

品物がちょっとしかない市場でしたが、市場は市場。

148011.jpg (43130 バイト)

鍋に入れ油で揚げているのはバナナです。「カンボジアでは揚げバナナが普通です」。ラオスでは焼きバナナが普通。「へ〜 ラオス人は焼きバナナが好きなんですか!」 お互い勉強になります。

148010.jpg (38932 バイト)

こちらはド−ナツのようなもの、こちらも食べてみます? ココナツミルク味砂糖たっぷりと甘く。バナナは揚げより焼きの方が美味しく、好きでありました。

Back    wb00955_.gif (255 バイト)  Home   Next