1493 フキの塔の里

3月20日は秋吉台の定例の観察会。メニュ−は秋吉の草原の麓のなだらかな山で湧き水巡り。自由参加者もいれて65名。ほ〜っ!こんな所にも湧き水があったか!最初のうちはよかったんですがやがて隊列は乱れ・・・

あれ先頭グル−プがおらん。呼べと叫べと姿はなしで声も届かず。今日のル−トは案内人一人の胸のうち。どこをどう行けばよいのやら誰も分からず・・・取りあえずここで待ってよう。と、悩んでいると
あれ5人ほどまだ来てない。こんな時は山道とカメラに強いhigeさんの出番。100mくらいしか離れていないと思うから迎えにいってきて。では、higeさんよろしく。 

5分くらい経っても現れず 「お〜いhigeさん」 と呼べと叫べと声は聞こえず 「higeさん今どこ?」 と携帯電話すると 「さっきの所へ戻れん (-_-)゜zzz・・・ 迷っとる」 それはいかん! とみんなで声をあげて叫ぶと・・・・あれっ そっちから現れたか!

なだらかな里山は、どっちへでも歩けるので、意外と迷いやすいんですね。反省点の多い観察会でした。が、、やっとみんな会えたね、の、大久保の集落で意外な収穫がありました。


149301.jpg (80371 バイト)

きれいというか、不思議というか、呆れるというか・・、道の両側は、あちらもこちらもフキの塔だらけ! フキは別に珍しいものではありませんが、こんな風景見たこと無い の風景が拡がっていました。

思わず笑みがこぼれる風景で、ご案内したいとこですが、どこをどう行けばここに辿り着くか・・・分かりませんが、ぜひ、各自お試し下さい。


149306.jpg (41573 バイト) 『アベさん道の右側はみんな雄株  で雌株の姿が見えませんね』

ほんと、憂うべき事態じゃね・・・

*注:フキには雄雌があります


149304.jpg (33033 バイト)

『道の左側は雌だらけですね』  憂慮すべき事態じゃね

 

149303.jpg (36637 バイト)

これはいかんと探索すると、雌雄が仲良く並んだ場所もあったフキの塔の里。めでたし。めでたし。

wb00955_.gif (255 バイト) Home