1497 カンボジアの旅(21)アンコ−ル転々

(1)見ておきました

アンコ−ル・トムのすぐ東にあるタ・プロ−ムから国道6号線へ抜ける道(5分くらい) は街灯がついた立派な舗装道路になっています。その道沿いには何もない乾燥した草原が拡がっています。シェムリアップから車で5分くらいでこれる場所ですが、その「荒れ地か?」という草原は  夕方がくると食べ物を持った二人連れや家族がやってきて、食べ物屋台も出て 賑わっています。

市内のシェムリアップ川沿いにはもっとロマンチックな場所もあるのに・・・・・、夜のデイトスポット and 家族の憩いの場.。シェムリアップ市民の一番の人気スポットになっています。どこがいいのか分からず、謎です。画像割愛。

 

149709.jpg (25540 バイト)

その道の傍に、熱帯の赤い土色の鮮やかな赤い建物があります。日本の会社が寄付した美術館・博物館です。2007年10月オ−プン。そのセレモニ−には、その会社に勤めている我が娘夫婦も賑やかしに、出席したそうで・・・「カンボジアのフランスパンは美味かった!父ちゃんのHPに偽りなし」 と喜んでいました。

観光スポットが多すぎるので忙しく、ここへの訪問客の姿無しでしたが、ちゃんと芝生の手入れもさて、建物は健在でした。

アンコ−ル地方では発掘調査は始まったばかり。プノンペンには国立博物館があってちょっとだけ見学しましたが。見る価値ありの品々が並んでいました。ここもやがて仏像や美術品が収蔵され、大した博物館・美術館になるでしょう。


(2)10月は観光シ−ズン前でのんびりと

 

149708.jpg (44085 バイト)

 

バンテアイ・スレイ  東洋のモナリザはこの祀堂の壁に刻まれています

 

149707.jpg (41361 バイト) 10月は雨期の終わり、大雨が降る頃なのに晴れが続き
 「熱いですね〜!」

「社長どこから来たか聞いてみ!」
「スペイン語で話しかけると話せますから スペイン人でしょう!」

ブエノス・ディアス! デ・ハポン!と国際交流もすすみます。
が、やはりどの国も熟年が旅の主役のようですね。

 

149706.jpg (44302 バイト)

 

(3)アンコ−ルワットもトムも人影は少なく

 

149704.jpg (64617 バイト)

 

149703.jpg (53033 バイト)

 

にわか雨の後の 緑は鮮やかで 優しく

 

149701.jpg (47905 バイト)

澄み切った空に、5つの塔もくっきりと見えました

 

(4)やっぱり見る?

149711.jpg (50861 バイト)

 

149714.jpg (29867 バイト)

 

アプサラダンスショ−も見たし、シェムリアップでの任務も終わり。そろそろプノンペンに向かいます

Back  wb00955_.gif (255 バイト)  Home   Next

 

149710.jpg (15576 バイト)

アラマンダ− 出会うとほっとする好きな花です