1517 カンボジアの旅(34)シジミの天日干し

2008年2月、二度目のアンコ−ルワット周遊のおり、あっちこっちの地面に落ちているシジミの殻発見。何でこんな所に殻が????・ あれ口をモグモグしてる人がいる!と、シシミを口にほりこんオヤツのように食べてついでに殻をポンっと棄てている。

水に恵まれたカンボジですからシシミが居ても不思議ではないんですが・・・。栄養はありそうだけど決して透明とは言えないカンボジアの水。あのトンレサップ産などがよく太って美味。とかのウワサも聞き・・・・

ま、田舎の農村の食べ物だろうと思ったわけですが、そうでもなく首都プノンペンでも さっそくシジミの天日干しに遭遇しました。


151607.jpg (52612 バイト)

まずシシミを採ってきます。そして、そのまま天日干し。大抵がリヤ・カ−の台の上で干されていて、そのまま販売されています。

 

151701.jpg (13488 バイト)

干しシシミは2色

151702.jpg (36500 バイト)   151703.jpg (31333 バイト)

白いのは塩味。赤いのは唐辛子がたっぷりまぶしてあります。どのくらい干して食べるかは聞き忘れましたが、カンボジアの熱い日差しですから、すぐ食べられそうです。

どのシジミも丸々とよく太っています。が、採ってきたら特に選別することもなく、そのまま干すので、中が空で、泥だけシジミもあるそうで・・・それは仕方がないことで、特に気にしないそうで・・・・わたしはシジミなら白味噌のシジミ汁が好きです。

シェムリアップでもプンポンペンでも市場でシジミを売ってませんでした。から、シジミの天日干しは現地採取製造販売のようです。

そして

151704.jpg (38329 バイト)

151705.jpg (38509 バイト)  151706.jpg (39012 バイト)

そして、プノンペンの渋谷でも新宿でも下町でも・・・シジミの天日干し屋さんのリヤ・カ−が普通に店開きしていました。シジミの天日干しは 国民的グルメなんですね。 

 

151708.jpg (41838 バイト)

ですよね?  それより乗っていかん観光案内するよ

Back   wb00955_.gif (255 バイト)   Home  Next