1522 カンボジアの旅(37)王宮

カンボジアの正式名称は Kingdom of Cambodia 、カンボジア王国です。アンコ−ルワット王朝衰退後は王都は転々。19世紀中頃にプノンペンに戻ってきました。王宮はその頃とその後20世紀初めに再建されで、そんなに古い物ではありません。

カンボジアの王様と言えば19歳で即位したシアヌ−ク殿下です。フランスからの独立、ベトナム戦争、内戦、東西冷戦。苦難の連続の間、あちこちへ逃げ、亡命しながらも、世界を相手に綱渡り、三枚舌を駆使しつつ、粘り腰で生き延びて、カンボジアの完全独立を勝ち取った、タフな政治家です。

それに比べて、我が日本国の政治家は限りなく幼稚でプロにはほど遠く・・・。ぜひ、カンボジアで10年くらいは修行を積んで欲しいものです。

シアヌ−ク殿下は、1991年に王宮に戻ってきて、現在は息子のシモハニ国王の時代です。


punomap1.jpg (56641 バイト)

 

7番が王宮。1番のホテルからスタ−トして6.5辺りまで歩きで到達。のところ、車を雇っていた事を忘れていて・・・ホテルに戻り庭師と車に乗って、8番に行って、その後昼ご飯を食べ、

 


  152202.jpg (38353 バイト)

もういいかなと王宮に着くと入れるのは午後2時から。列ができていましたが、次々と人がやってきて、人気スポットのようです。  ところで、これがカンボジアのギャルファッションなんでしょうか・・・

やっと中に入ると、整備された緑濃い広々とした庭に、たくさんの建物がありました。

  152205.jpg (25915 バイト)

突き当たり入り口、赤い屋根の平屋の壁にはラ−マヤマの物語が600m以上に渡って描かれているそうですが、見ませんでした・・・売店、食堂、資料館もあります。

観光というものは、特に蒸し暑い東南アジアでは、一日3つくらいが適当で、4つ目くらいからは集中力が欠け。JTBの特急観光隊には入れそうもありません。

152206.jpg (20079 バイト)  152215.jpg (24566 バイト)

 

152212.jpg (31737 バイト)

王宮での見所はこのシルバ−・パコダだそうです(王家のお寺)。「今、王宮に来てます」と日本に返信メ−ルを出すと、『シルバ−・パコダ見た?』と返信が来ました。有名なんですね。

でも銀色じゃないぞ!銀を敷き詰めた床なので「シルバ−・パコダ」なんだそうです。

  152210.jpg (37104 バイト)

 

152208.jpg (37827 バイト)

集中力3くらいの見物でしたが、印象に残ったのはこの即位殿です。テラスからの眺めも素晴らしく・・・

 

152211.jpg (35750 バイト)

インド文明とクメ−ル文明をミックスして、仏教芸術の粋を集めたような屋根が美しく、これだけはしっかり眺めました。

やはり観光は体力・気力が大切。見所がいっぱいあったはずの王宮、惜しいことをしました。

Back    wb00955_.gif (255 バイト) Home   Next

 

152214.jpg (17988 バイト)

資料映像

ラオスやタイのお寺の屋根には龍(日本だったら鬼瓦)が置かれています。源はクメ−ル文明。これはラ−イラ−オ(ラオス様式)の龍。ラオスのルアンプラバンにある、世界遺産ワット・シェントンにて。