1541 また来たラオスの旅(2)ビエンチャンへ

 

プノンペン経由ビエンチャン行きのフライトは午後。ホテルに荷物を置いて近所を散歩してみました。

 

154101.jpg (27776 バイト)  

まずは聖母マリア教会へ。ホ−チミンの中心なのに緑も多い広々した風景が拡がります。

 

154104.jpg (40977 バイト)

 

すぐ横にあるフランス時代の遺産中央郵便局へも

 

154103.jpg (40128 バイト)

テ−ブルで手紙を書く人、物思いにふける人

 

154105.jpg (49505 バイト)

 

154106.jpg (42436 バイト)

それからバイクに轢かれないように気をつけて、通りを二つ行くと瀟洒な建物がありました。ボンヤリ眺めていると「Koizumi,Ave,Aso Hatoyamaじゃね」と日本通のお爺さんが話しかけてきて 「これは市役所」と教えてくれました。

ドンコイ通りの辺りはパリです。行ったことはないんですが・・・・

 

それから軽く昼を食べ、乗り遅れないようタンソニット空港へ。手荷物検査で「その袋開けて」と言われました。東南アジアの旅では1ドル、5ドルを持っていると便利なので・・・「な〜んだ1ドルの束か」と無事通過。

100ドルの束だったらよかったんですが・・・・高額の外貨の持ち込み持ち出しは申告しなくては。の制度がありますからなんですが、初体験。ベトナムの空港職員は真面目に働いていることが分かりました。

 

154120.jpg (19206 バイト)

今日の飛行機はA321。ホ−チミン−プノンペン−ビエンチャン−ハノイ のような変な路線を利用するのは確信犯。日本人の姿なし、観光客の姿もほとんどなし、「ビジネスですっ」風のお客がほとんどで・・・ 

VN840便は定刻通り離陸。離陸しても低空飛行。ホ−チミンはプノンペンはたったの約220キロ。あっという間にプノンペン郊外へ。

 

154112.jpg (29440 バイト)

下を見ると雨期ですから水浸し状態。トンレサップ湖に切れっ端くらいの、プノンペンまですぐの場所です。

 

154113.jpg (51828 バイト)

それから飛行機は向きを変えさらに高度を下げ、プノンペンの中心街がよく見えました。二つの川に挟まれた半島の先で二つの川が合流しています。この半島の先にも行ったぞっ!右がトンレサップ川、左がメコン川です。

画像を拡大してみると、泊まったホテル、ワット・プノン、王宮も分かりました(メモリが有限なので、どの画像も相当縮小し画質を落とし・・・元の写真が使えたら、もっときれなHPになるんですが・・・・残念〜)

懐かしいなぁ 去年の今頃をここらをウロウロしていました。

 

154115.jpg (21052 バイト)  154114.jpg (32131 バイト)

プノンペン空港では乗客を降ろし、乗ってくるお客も居るので、トランジット・カ−ドを貰って飛行機を降り、出発時間まで、全部見ても2分くらいしかかからない空港を20分くらいブラブラしている間に、出発時刻の15時30分になって、お客は増え、ほぼ満席になりました。

 


154117.jpg (18349 バイト)

ビエンチャンまでは約70分。キラキラ輝くメコン川を越えました。左がタイ、右がラオスです。

 

154118.jpg (34427 バイト)

それから一気に高度を下げ、この辺りから市内までは車で15分の郊外。夕方の5時前に また来たか〜ラオスのビエンチャン。飛行機は無事着陸しました。

Back    wb00955_.gif (255 バイト)  Home   Next