1556 また来たラオスの旅(8)煎餅のつくりかた

 

155602.jpg (30012 バイト)

メコン川とカ−ン川に挟まれた半島の先の方の、2つの川が合流する辺り、のカ−ン川沿いにはお煎餅屋さんがあります。今回はちょっと失礼して、製造現場を見学してみました。

 

155605.jpg (32074 バイト) 155606.jpg (35409 バイト)

4,5人の女性軍が元気よく働いていました。まず、餅米を蒸します(ラオスもタイも北の山岳地帯は餅米の産地です)。 竈(かまど=大型七輪)の上に水入り壺を載せ、その上に竹籠(=蒸し器)をおいて、餅米を入れ、蒸します。

   

155607.jpg (33781 バイト) 蒸し上がったらちょっと冷まし、丸煎餅の形に丸めます(厚さ大体1cm弱)。

それを竹で編んだムシロ?の上に並べ、。

155603.jpg (28032 バイト)  

しっかりしたら、それを家の前で天日干し。交通量の多い通りですが気にしません。左下にはカ−ン川が流れていて、風光明媚な場所です。

  

155604.jpg (27866 バイト)   155608.jpg (16701 バイト)

だんだん乾いて硬くなり、こんがりと天日焼き色がついたら完成です。あとは、袋に入れ出荷。食べてみる? 美味しい煎餅味で、ナイス! 前回は「おこし」としましたが、食べたら煎餅味で・・・

 

Back   wb00955_.gif (255 バイト)   Home   Next

155601.jpg (28902 バイト)

餅米と言えば・・・こんなんもあります。蒸した餅米を平たく竹の棒に巻き、卵の黄身をつけ、炭火でこんがり焼きます。道端でよく売ってます。

日本にもそっくりなやつがありますが、こっちが本場、元祖です。と、餅米好きな人にぜひラオスへ〜!