1600 ハスイモの花

ジャガイモよりも里芋が好きです。煮物が一番ですがオデンにも入れます。そして、花も好きです。マムシグサ、ムサシアブミ、ウラシマソウ、コンニャク、モンステラ、カ−ラ・・・サトイモ科の花は妖しくも魅力があります。最近も1ペ−ジ作っていました。

里芋の種類は多彩ですが、元々は熱帯アジアが原産地。相当昔から栽培植物として日本に渡ってきたようです。原産地ではよく花が咲き,,あちこちで見ましたが、寒い日本では花が咲くのは希。の、ところ友人のMさんの畑で 「ハスイモが咲いた!」 、さっそくお邪魔してみました。


160001.jpg (30995 バイト)

160004.jpg (9430 バイト) Mさん家では長年作っていて、初めて花が咲いたそうです。

ハスイモは里芋にそくりですが、芋は食べず、葉茎(=ずいき)を食べます。茎の断面が蓮の茎に似ているので蓮イモ。

茎の断面画像は高知県のHPよりパクリ。高知県産のズイキ有名でよく流通しているようです。(ラオスの市場でもヒツジグサ、やハスイモの茎はよく並んでいました。)

 

160003.jpg (17455 バイト)     160002.jpg (32759 バイト)

第一陣に続き、第二陣の花も咲きそうで・・・日本本土では滅多に見られないハスイモの花を見られて幸せです。Mさんありがとう。お土産に、ピ−マン、インゲン、タマネギ、キャベツを貰ってしまいました。

wb00955_.gif (255 バイト) Home