1699 ちょっとカンボジアの旅(10)ワット・ボ−小学校訪問(1)

今回の旅の使節団の目的第1号は、ワット・ボ−小学校訪問。私はもう使節団の一員ではありませんが、交流のきっかけをつくった責任?もあるので?、観光がてら旅のお供をしました。

大まかな経緯はこちらでご覧下さい。で、カンボジアに来て3日目、3月7日、いよいよ訪問の日です。

アンコ−ルワット観光の街のシェムリアップの中心地は、マ−ケットやこぎれないなレストランが並ぶ、シェムリアップ川沿いです。ワット・ボ−小学校はその川を渡ってツクツクで3分。華やかな街の中心地からちょっとしか離れてないのに、急に貧乏な町になり。川の向こうとこちらではものすごい差があります。

で、学校はワット・ボ−(ワットは寺→ボ−寺)の向かいにあります。


169901.jpg (29518 バイト)

これがワット・ボ−、本堂、仏舎利塔など建物も揃っており、広くて大きな寺です。

かつての日本もそうでしたが、寺は知識人の集まり(空海や最澄もそうでしたね)、必然的に教育機関の役割も果たしてきました(寺子屋という言葉も)。
*今でも、タイやのラオスのお寺に行くと、生意気にも数カ国を読み書き話す、高校生くらいの若い僧が居て、悔しい思いをします。

ワット・ボ−も学校を持っていましたが、今はカンボジアも教育制度が整い、学校は公立が基本(もちろん私立の学校もあります)。そんな歴史もあり、ワット・ボ−小学校はお寺の向かいにあります。お寺は経営には直接タッチしていませんが、校舎の建築、改修、修理などの際には、お坊さん達が率先して参加し、週に一度程度、学校で子供達に仏教の話をしているそうです。


169902.jpg (69981 バイト)

右にお寺の塀。道の左の赤い門が、学校の入り口です。なお、自転車の子供達はサボっているわけでなく・・・カンボジアの学校は午前7時からと午後一時頃からの二部制。全校の生徒が一同に会することはなく、午前の先生は昼には帰っていきます。

「午前の部の方が成績がいいんです!」「やっぱり涼しくてやる気が起こるから?」「・・・父兄から苦情がくるので、定期的に午後と午前を入れ替えているんです」 「 (-_-)゜zzz・・・」 普通にしようと思えばできるはず、なぜか二部授業に拘っていて、カンボジアの不思議の一つです。


169903.jpg (78316 バイト)

ありゃ 門のところで、直立不動で立っているのは・・・プン校長先生!!

鼓笛隊も並んで・・・到着を待ってくれていたのでした。ささ どうぞ入って下さい。

169905.jpg (35179 バイト)

 

169906.jpg (47713 バイト)

 

169907.jpg (45443 バイト)

生徒の列に囲まれて あれ〜 晴れがましすぎる歓迎です。最後の30mは音楽隊の演奏で迎えられ・・・ こんな経験は初めてで、感激度125 ビックリ度258


169909.jpg (59752 バイト)

演奏やめ〜っ! 無事歓迎されました。

 

169910.jpg (44240 バイト)

 

や〜パ−ラ−さんにチィ先生久しぶり〜  盛大な歓迎式ありがとう。 パ−ラ−さんこの三ヶ月で横幅が拡がったんと違う? 日本に着ていく洋服に合わせてダイエットしてたんです。

校長先生この数ヶ月 張り切って歓迎の計画を立ていたんです。今日も朝からめちゃくちゃく、テンションが高く 待っていたんですよ〜。 さっ 部屋に入って下さい。歓迎の演奏会です。と、チィ先生に促され・・・歓迎の演奏会が始まりました。

Back    wb00955_.gif (255 バイト) Home  Next