274 キュウシュウシロマイマイ

274.jpg (20876 バイト)

WB00955_.GIF (255 バイト) Home

湿度が高い梅雨はカタツムリの季節です。普通はカタツムリですが、デンデンムシ、マイマイなど日本には187も呼び方があります。が、力関係で、東京地方の方言、マイマイが正式の名前に採用されました。九州にいる白いマイマイなので、キュウシュウ・シロ・マイマイです。殻の直径約1cmくらいの草原を好む小型のカタツムリで、雨模様の日に秋吉台にいくと、よく見かけます。昔はそこら中にセトウチマイマイのような大きなカタツムリがいて、集めて競争させるくらい多かったような気もします。しかし、私が住んでいる相当に田舎度を誇る山口市でも大型のカタツムリはなかなか探せません。環境の変化や化学物質に弱いのかもしれません。梅雨のアジサイの上を歩くカタツムリは定番のシ−ンですが、幻のシ−ンとなろうとしています。