308 イシガキチョウ

都会育ちの知人のMさんは子供の頃は蝶少年で、大人になってはクラシック音楽の権威で、釣りの名人で、鳴く虫に興味をもって、飼育が難しいカンタンからマツムシから、全てを完全に飼育してしまった、何事にも本格的に取り組み、そして、自分のものにするという大した人です。
そのMさんが散歩の途中に偶然見つけて、飼育して、サナギになったイシガキチョウをくれました。私も小学校4年から中学まで蝶集めをしていたのを覚えていてのプレゼント?です。

それにしても最近は虫好きの少年を見かけません。昆虫採集は自然破壊などという人も居ますが、寝ぼけた考えです。自分の体を使って自然と接しないから 『蛇はいや 虫嫌い の自然好き』 のもどき自然愛好家ばかりが増えてしまうので、困ります。生き物の命の尊さも絶対分かりません。きれいなものは、しっかり捕まえて、自分の物にするのは当然の行動、当たり前の事! 自然保護の出発点! などとMさんと密かに気炎をあげています。

蛹をもらって3日後、無事羽化しました。
イシガキチョウは西日本から沖縄の八重山諸島まで分布するチョウです。一度逃げると捕まえるのが大変で、必殺一発採集が肝心です。食草はイヌイチジクです。イシガキチチョウが来るかも知れないと小学校の時、密かに庭に植えたら、あっという間に大きくなって、イチジクの実が毎年鈴なりに。「朝早くから実を食べにくるスズメがうるさい」「実が庭に落ちて掃除が大変」と母親から怒られました。

3081.jpg (20424 バイト)

 

 

 イヌイチジクです。日当たりがよい道ばたに普通にあります



 

3082.jpg (36223 バイト)

WB00955_.GIF (255 バイト) Home