367 秋吉台の赤と銀

3671.jpg (45518 バイト)

11月も下旬が近づくと、花の季節も終わり頃になって、歩く人の影も減ってきます。そんな晩秋の秋吉台の風景です。
紅葉する樹木がほとんどない秋吉台の秋の穏やかな赤です。紅葉する草もあって、これはチガヤの紅葉です。チガヤが群生している場所は赤く染まって、みんな草紅葉と呼んでいます。

 

3672.jpg (62830 バイト)


太陽の日差しが、ススキの斜面を一直線に照らす時刻があります。
そんな時は、ススキの白い穂が、産毛のように銀色に輝いて見えます。
あちらの斜面、こちらの斜面と、一瞬銀色になりながら、秋の日は暮れていきます。

WB00882_.GIF (263 バイト) Home