769 携帯メ−ルより タラヨウ


7692.jpg (33490 バイト)

7691.jpg (29051 バイト)


タラヨウは常緑樹で高さが5.6mにはなり、西日本ではごく普通の木です。山野だけでなく、公園樹、並木、庭木として植えられ、どこにもあります。冬が来ると、ナンテンより大きな実が密集して、赤く熟れて、目立っています。そして、葉は分厚くて、10cm以上あります。その葉の裏に、棒のような物で字を書くと----


7693.jpg (32035 バイト)


すぐに書いた所が黒くなって、こうなります!!!   
    *1 文面はあくまで演出です。  *2   これは私の字ではありません。 *3 平川の大杉は遠い。もっと近くにしてくれ.の投書がありました

昔、インドでは多羅樹(ヤシの一種)の葉を紙の代わりとして経文を書いたそうです。それに因んでこの木は多羅葉という名前になったのでしょう。あるいは、これが多羅樹と思ったのかもしれません。ナツツバキを沙羅双樹、アンコ−ルワットを祇園精舎と間違えたように。

田舎の子供は、この葉に字や絵を描いて遊んだそうです。
携帯メ−ルや電子メ−ルもよいけれど、タラヨウ・メ−ルもなかなか、出かけるときは葉の10枚も携帯して道々に落としながら−−−−お試しください。

Wb00955_.gif (255 バイト) Home