779 ハマダイコン

 

7792.jpg (46833 バイト)


Wb00955_.gif (255 バイト) Home

海岸の、時には潮も被るような、砂浜に生えているハマダイコン、浜大根です。もともとは栽培種だったのが、野生化したと言われています。学名も R.sativus var.hortensis f  raphanistroides と長い名前がついているので、相当複雑な家系です。余談ですが、今のような大根は江戸時代になって盛んに栽培されるようになったようです。それまでは蕪が主役。

ハマダイコンの花は春に咲きますが、2月23日行った角島ではもう咲いていました。、パステル調の春らしい優しい色合いになるよう、撮ってみました。