819 秋吉台のカノコソウ

 

8181.jpg (31512 バイト)

 

蕾の桜色と花びらの白がつくる、鹿の子模様から、カノコソウ。ハルオミナエシとも呼ばれています。
意外とありそうでない植物のようですが、秋吉台にはどこにもあって、特に湿り気のあるドリ−ネの底では丸く群生しています。

秋吉台ではこの花が咲く頃に、渡りの途中に立ち寄ったカッコウの声がよく聞こえてきます。5月の風に揺れるカノコソウとカッコウの声。初夏の秋吉台はロマンな雰囲気がただよっています。


8182.jpg (41048 バイト)


Wb00955_.gif (255 バイト) Home