845 椹野川(ふしの川)

本日は珍しく我が町山口市の紹介です。三方が山に囲まれ、緑の多い山口市の水道水は全て地下水です。成分は名水「六甲の水」とほとんど同じで、極上です(なのに、ス−パ−で名水ボトルを買う人がいます (-.-;)y-~~~)。

街の真ん中には椹野川が流れています。わずか30kmの短い川ですが歴史ロマンと豊かな自然があるよい川です。そのうち『椹野川物語』のペ−ジでも (-_-)゜zzz・・・ 
地下水がたっぷりあって水の心配はないのですが、人口100万人時に備えて、椹野川には2個のダムも既に建設済みです。現在の人口は15万ですけど・・・・備えあれば憂いなしの山口市です。


8453.jpg (53448 バイト)


市の中心からやや下流の、矢原という町の橋から見た、椹野川の風景です(両岸には住宅やアパ-トがありますが、この位置からは写りません。騙しの写真技です)。

正面の一番高い山が姫山(高さは199m。この山が見える土地には美女が生まれない。という、郷土の伝説があります。私の家からは見えません)。
秋の満月は姫山辺りから昇り、月の光が椹野川の水面に映り、それは最高の眺めです。山口で一番の名月の場所と思っています。
そんな月光の写真を撮りたいのですが、車が絶え間なく通る橋なので、至難の目標です(この写真も車を運転する人から睨まれながら撮りました。橋の反対側には歩道があります・・・世の中うまくいきません)。

この辺りでは1年中、たくさんの鳥が遊んでいます。そして、川の左岸には散歩道や広場があって、みんなの憩いの場となっています。
しかし、よい眺めです!私が一番気に入ってる椹野川の風景です。


8452.jpg (38709 バイト)


Wb00955_.gif (255 バイト) Home