910 イスノキ−の不思議物

イスノキは暖地の海辺を好む常緑の広葉樹です。かなり大きくなる木ですが、丈夫で、剪定にも強く、1年中緑の葉がきれいなので、よく生け垣になっています。

海辺の城下町、萩なんか 「もうイスノキの生け垣は勘弁して (-_-)゜zzz・・・」 というくらい、イスノキの生け垣だらけです。瀬戸内の柳井市や周防大島あたりでも、イスノキの生け垣がいばっています。海辺の町にお住まいの方、お試し下さい。ただ、「イスノキの生け垣」は今は全然流行してないので、金持ちそうな旧家、古くからある家を目がけて進むと、見つかるはずです。

 

9101.jpg (32977 バイト)

 

海から少し入った、冬は氷バリバリで冷え込む、盆地の山口市でも植えられた、イスノキを時々見かけます。市内の真ん中にある「山口高校」の長〜い生け垣は、特に立派な、イスノキの生け垣となっています。


9102.jpg (32611 バイト)

 

近寄って見ると、枝に3〜5cmくらいのこんな形の実のようなものが付いています。果実?ではありません。イスノキはイスノキコムネアブラムシやイスオオムネアブラムシなどのアブラムシに好かれていて、これは「イスオオムネアブラムシ」が作った「虫こぶ」=すみ家、です。


9105.jpg (35306 バイト)

 

いくらでも成っているので集めてみました。ハ−ト型、バナナ型、ジャガイモ型、イチジク型、細目、太目、多彩な形が面白っ!です。家主のアブラムシの方はとっくに脱出して、中は空っぽ。紙のように軽いのですが、殻が木のように固くなっていて、頑丈です。
昔〜しは、これに穴を開けて、「ひゅ〜ひょ〜」と笛のように吹き鳴らしたので、イスノキはヒョンノキとも呼ばれていたそうです。


WB00955_.GIF (255 バイト) Home

 

追伸:
記憶力抜群で口やかましい、OさんやTさん。「前にも見た!」と文句をつけも受けつけません。確かに、4年くらい前に、イスノキのこの話は載せました。面白い物は何度でも載せる!主義だからですっ。

実は・・・・・この日曜日「何か撮せる物ないか!」と市内を探索したのですが、これ以外獲物無し。 ネタ不足で・・・せっぱつまって、つい、「もうみんな忘れただろう」・・・とそっと載せています
 (-_-)゜zzz・・・