5 アコウ:締め殺しの木

大富の部落を山の方へ歩いて行くと、石灰岩が転がっている畑地にでました。そこに樹霊を感じる木が立っていました。アコウの木です。
このアコウ、最初は細い幹を出して、他の木に寄り添うようにそっと成長します。やがて、中にあった木はすっかり周りを取り囲まれて、枯れてしまいます。が、すっかり太くなったアコウはさらに大きくなっていきます。アコウも、そしてガジュマルも、締め殺しの木と呼ばれています。このアコウは直径が?2m近くありました。怖いような、ワクワクするような亜熱帯の怪しい木です。

 

iri05.jpg (67779 バイト)

 

Back arrow1.jpg (1378 バイト)

Home

arrow3.jpg (1284 バイト) Next