今日の話題:山口祇園祭

7月は祇園祭の季節です。博多の祇園山笠、京都の祇園祭・・・・。先日も、京都祇園祭画像が掲示板に登場(EZUさん、いつも見せつけるような各地の名所写真ありがとうございます)。一度は見たい京都祇園祭ですが・・・・山口にも祇園祭はありました。本日は山口の祇園祭の紹介です。


news561.jpg (21550 バイト) 14世紀中頃、大内弘世が一の坂川の両岸に京都に倣って町づくりを始めてから大内義隆まで約200年間、山口市は「西の京」として『日本で最も栄えた王国の一つ』でした。戦乱の京都を逃れた雪舟のような文化人や交易を求めて訪れる南蛮人が溢れる、文化都市だったそうです。

イエズス会のフランシスコ・ザビエルは「比類なき王」大内義隆に布教を願って、1550年と1551年に山口を訪れています。しかし、ザビエルが山口を去った1551年、陶氏の反乱によって、義隆は戦死、西の京山口も炎上、消失しました。8日間も燃え続けたそうですから、ものすごい都市だったのでしょう。

従って、大内氏の西の京の栄華を偲ばせる物は全く残っていません。
現在の山口は県庁所在地としては、他を寄せつけない田舎度を誇る地方都市です (-.-;)y-~~~

 

★かなりの脱線ですが:
ザビエルは最初に鹿児島に上陸(1549年)。1551年山口を去って、1552年中国のマカオ近くで病死しています。1999年にはザビエルの日本での布教500年を記念して、腕が鹿児島、山口に帰ってきて、公開されました。また、ロ−マのバチカンのすぐ近くにあるイエズス会の本部に行って「山口から来た」と言ったらミサを開いてくれた(友人談)そうです。めまぐるしく変わる世の中ですが、全く違う世界観もあるんですね。と反省しました。

 

news562.jpg (41267 バイト) news567.jpg (29045 バイト)

 

祇園祭は八坂神社の祭礼です。山口の八坂神社は600年前に京都の八坂神社を勧請して建立されました。山口の八坂神社はかつて大内氏の館であった場所の近く、山口のほぼ中心にあります。建物はこじんまりしていますが(国の文化財)、境内は広く、端正な神社です。

祇園祭は、8月7日にある提灯七夕と並んで、山口市の代表的な祭りで、市長も参加しますが、実際は大殿(おおどの)地区の氏子が中心なって7月20日〜27日まで行われています。私は観光客、見物人です。

7月20日初日。6時から神事があるのですが、今は5時40分。まだ、このくらいしか人が集まっていません。大丈夫なんか・・・心配になります。でも、小さな町のお祭りは規模は小さくても、みんな顔見知り。や〜 よろしく〜 と挨拶できる人の輪でとり行われます。これが本来の行事の姿、全国から観光客を誘致するよりも大切と思っています。


news568.jpg (31163 バイト)


5時50分。神事で浦安の舞をする、小学生も支度ができました。誇らしいような、目立つので嬉しいような感じで、緊張していました。

紋付き袴の正装の総代も揃って、6時からの本殿の神事も無事終了。6時半からは目玉の『鷺舞(サギ舞)』が境内で始まります。自慢できるものはほとんどない、山口祇園祭ですが、この鷺舞は自慢できそうです。京都の八坂神社でも鷺舞は行われていたそうですが今は途絶えています(山口と津和野だけに残っているそうです)。山口の八坂神社では600年間も続いて、今も舞われています。
扇形をした砂地の踊り場で、鷺の2人、2人の猟師、小さな太鼓を持った2人の子供の、合計6人での奉納の踊りです。


news5610.jpg (58668 バイト) news5616.jpg (53031 バイト)
news5613.jpg (48753 バイト) 緩やかに羽ばたかせ歩く鷺の後を猟師が追い、
子供の前で鷺が立ち止まり、子供が太鼓を打ちならす。
を、しながら4人が、緩やかに円を描いて歩く。

たった2分の、ただそれだけの、踊りとはほど遠い素朴な舞ですが、どこか感動するものがあります。




news5619.jpg (34067 バイト) news5623.jpg (43910 バイト)


鷺舞が終わる頃には、八角、六角、四角の三体の御輿の担ぎ手も揃いました。祭りは20日〜27日まで。あまり祇園祭とは関係ない気もするのですが、たくさんの市民が参加する盆踊りのような踊りのイベントもあり、商店街の近くには夜店もでて、山口の子供達の楽しみになっています。

たった2台ですが、小さな山車も曳かれています。


news5624.jpg (28872 バイト)
news5622.jpg (46521 バイト)

 

♪〜 こんちきちん こんちきちん ♪ 祇園祭のちょっと物憂いお囃子の音とともに、祭りの一行は、今は寂しい竪小路を通って、商店街を横切って、1Kmくらい先の八坂神社の御旅所まで出発していきました。

特にどうということもない、田舎の祇園祭ですが、たった2分しかない、素朴な鷺舞はちょっと良いかもしれません。
おいでませ山口祇園祭。

Home