[HOME] [GUNDAM] [GAIA GEAR] [CHAT] [BBS] [TRADE] [MELTOMO] [M.L.] [LINKS] [MEMORIAL]

GUNDAM:[HISTORY] [QUIZ] [RANKING] [QUESTION] [BANANA] [SARUGUN] [INTRO] [SUBTITLE] [VOCAL] [ANTHOLO]

MOBIL SUIT GUNDAM:*:・゚',。・:*:・゚':*:


ガンダム歴史年表ver1.88


GUNDAM CHRONICLE 1 GUNDAM CHRONICLE 2
A.D.1957〜U.C.0078 宇宙開発篇 U.C.0079〜U.C.0080 一年戦争篇
宇宙開発の時代から、一年戦争開戦に至るまでの歴史。ジオン公国という国家が成立する系譜などが記されています。また所々にある『F91』関連の項目にも注目。 一年戦争開戦から終戦までの1年間の出来事。記念すべきアムロ・レイのRX-78-2ガンダム搭乗や、オデッサの戦い、ソロモン攻略戦、ア・バオア・クーの戦いはこの時代の項目です。
GUNDAM CHRONICLE 3 GUNDAM CHRONICLE 4
U.C.0080〜U.C.0084 デラーズ紛争篇 U.C.0084〜U.C.0088 グリプス戦争篇
一年戦争終戦から、デラーズ紛争の終結までという『ファーストガンダム』と、『Zガンダム』間の空白の歴史。デラーズ・フリート決起までの経緯とその闘いが綴られています。 エゥーゴVSティターンズこと、グリプス戦争の出来事が中心。終盤は『ガンダムZZ』や、『ガンダム・センチネル』の出来事とも重なります。アクシズが地球圏帰還を果たしたのもこの時代。
GUNDAM CHRONICLE 5 GUNDAM CHRONICLE 6
U.C.0088〜U.C.0089 ハマーン戦争篇 U.C.0089〜U.C.0105 アクシズ戦争篇
MSZ-010ガンダムZZ実戦配備から、第1次ネオ・ジオン抗争終了までの出来事。掲載項目は全て『機動戦士ガンダムZZ』の出来事です。ニュータイプの修羅場を見て下さい。 シャアによるネオ・ジオン再興の経緯から、「シャアの反乱」、さらには「マフティーの反乱」の時代。コミック作品の名作『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』もこの時代。
GUNDAM CHRONICLE 7 GUNDAM CHRONICLE 8
U.C.0105〜U.C.0133 コスモバビロニア建国戦争篇 U.C.0139〜U.C.0153 ザンスカール戦争篇
フォーミュラ新世紀。新時代の幕開けを告げる『機動戦士ガンダムF91』の時代。関連ストーリー『ガンダムF90』、『シルエットフォーミュラ91』、『クロスボーンガンダム』等の記述もある。 神聖軍事同盟リガ・ミリティアと新興コロニー国家ザンスカール帝国との戦いを描いた『機動戦士Vガンダム』の時代。この時代には巨大兵器「エンジェル・ハィロゥ」なども登場した。
GUNDAM CHRONICLE 9 GUNDAM CHRONICLE 10
U.C.0155〜U.C.1160 シャア存続計画篇 F.C.0001〜F.C.0056 ガンダムファイト篇
ガンダムワールドの最も未来の世界を描いた作品『ガイア・ギア』と、それ以降の関連項目。この時代の出来事はサンライズオフィシャルの設定にはありませんのでご注意下さい。 宇宙世紀とは異なった『機動武闘伝Gガンダム』の世界、未来世紀の歴史年表。ガンダム・ファイトの誕生から、デビルガンダム事件まで。ガンダムファイター達の戦いの系譜。
GUNDAM CHRONICLE 11 GUNDAM CHRONICLE 12
A.C.0001〜A.C.0196 オペレーションメテオ篇 A.W.0015〜A.W.0016 第7、8次宇宙戦争篇
『新機動戦記ガンダムW』シリーズの舞台、アフターコロニー歴の歴史年表。支配者層と対立の図式が次々と変化する所に注目。ガンダムパイロット達による負け続ける戦いの歴史でもあった。 アフターウォー歴。戦争による地球の壊滅と、復興を遂げ再び戦争へと突入する人類の歴史。「ニュータイプ」という言葉を探し求める少年とその仲間達が創造する歴史でもあった。
参考文献リスト  
   
この年表を作成するにあたり、引用または参考にさせて頂いた文献の出版社別リストです。出版社名は50音順です。  

[HOME] [GUNDAM] [GAIA GEAR] [CHAT] [BBS] [TRADE] [MELTOMO] [M.L.] [LINKS] [MEMORIAL]

GUNDAM:[HISTORY] [QUIZ] [RANKING] [QUESTION] [BANANA] [SARUGUN] [INTRO] [SUBTITLE] [VOCAL] [ANTHOLO]