[HOME] [GUNDAM] [GAIA GEAR] [CHAT] [BBS] [TRADE] [MELTOMO] [M.L.] [LINKS] [MEMORIAL]

GUNDAM:[HISTORY] [QUIZ] [RANKING] [QUESTION] [BANANA] [SARUGUN] [INTRO] [SUBTITLE] [VOCAL] [ANTHOLO]

INTRO:[VISUAL] [NOVEL] [COMIC] [SOUND] [GAME] [OTHERS]

MOBIL SUIT GUNDAM :*:・゚',。・:*:・゚':*:


その他のガンダム


INDEX <<製作年をクリックすると以下のブックマークへジャンプします。>>

[1985] [1986] [1987] [1989]


[1985年作品]

機動戦士Zガンダム
ジャンル:ゲームブック
著者/拓 唯、イラスト/MADS、うらべ・すう、すとれんじゃあ5号、出版社/ホビージャパン(ホビージャパン・ゲームブックシリーズ)
Vol1:定価/480円、初版発行/1985.12.25、ISBN4-938461-05-3
Vol2:

[1986年作品]

機動戦士ガンダム 最期の赤い彗星
ジャンル:ゲームブック
構成・文/山口 宏、編/スタジオ・ハード
出版社/勁分社(アドベンチャーヒーローブックス)、定価/580円、初版発行/1986.05.15、ISBN4-7669-0398-6
復刻版:出版社/バンダイ(BANDAI GAME BOOK)、定価/500円、初版発行/1989.11.01、ISBN4-89189-457-1

ジオンの星 MOBIL SUIT in ACTION
ジャンル:フォト・ストーリー
出版社/ホビージャパン
掲載(全9回)/ホビージャパン86年9月号〜87年8月号(86年11月号、87年3、4月号は休載)
再録(但し第1〜3回連載分まで)/ホビージャパン別冊「機動戦士ガンダムZZ MOBIL SUIT in ACTION」、定価/980円、初版発行/1986.12.01、ISBNなし

[作品解説]
モノクロの作例記事と作例のジオラマ写真がそれぞれ2〜4ページで構成されたカラーフォトストーリー。第1回〜第4回までは『Zガンダム』の時代を舞台に旧ジオン軍捕虜パイロットたちにより編成された連邦軍特殊部隊「ドラグーン13」の活躍を描いたストーリーを展開。第5回〜最終回は一年戦争に舞台を移し、後に「ドラーグーン13」所属となるハンニバル中佐を中心としたジオン軍MSパイロットの活躍を描いたストーリーを展開。第1回〜第4回までは「DRAGOON13」というサブタイトルがついていたが第5回以降からははずされた。以下、各回概要(登場MSは全てオリジナルのデザイン&設定であり、デザイナーの明記がない作例はモデラー本人によるオリジナルデザイン)。

第1回 「龍騎兵0086」(86年9月号)
登場MS/ストライク・マラサイ(1/144マラサイ改造)、製作&解説/あげた ゆきお、デザイン/犬神 一人 、デザイン協力/野本 憲一・鎌田 勝、製作協力/野本 憲一(マゼラ突撃砲製作)
第2回 「片眼のハンニバル」 (86年10月号)
登場MS/バーザム コマンダーカスタム(1/144フルスクラッチ)、製作&解説/あげた ゆきお
第3回 「カラバの戦士」 (86年12月号)
登場MS/ディジェ(1/144ディジェ改造)、製作&解説/鎌田 勝
第4回 「ジオン再興」 (87年1月号)
登場MS/、ガザCU(1/144ガザD改造)、製作&解説/波佐本 英生、デザイン/犬神 一人、製作協力/森山直哉(1/220マラサイ製作)
第5回 (87年2月号)
登場MS/ザク ストーカー(1/144マインスレイヤー改造)、製作&解説/藤田伸二
第6回 (87年5月号)
登場MS/ズゴックU(1/144ズゴック改造)、製作&解説/波佐本 英生、製作協力/堤 浩一(1/144ズゴック改製作)
第7回 (87年6月号)
登場MS/ドム改(1/144ドム改造)、製作&解説/野本 憲一
第8回 (87年7月号)
登場MS/MS-06RザクU(1/144MS-06RザクU改造)、製作&解説/斎藤 盛光
最終回 (87年8月号)
登場MS/ハンニバル中佐専用ゲルググ(1/144ジョニー・ライデン専用ゲルググ改造)、製作&解説/波佐本 英生、製作協力/犬神 一人(RGM-80製作)

(原文:TEDさん、編集:アフランシ・シャア)

[1987年作品]

TYRANT SWORD OF NEOFALIA
ジャンル:フォト・ストーリー
デザイン&コンセプト/藤田一巳、デザイン協力&ストーリー/藍田 豊
掲載(全6回)/ホビージャパン87年9月号〜88年2月号、出版社/ホビージャパン

[作品解説]
ジオラマ写真を使ったカラーフォトストーリー及び、藤田一巳氏による書下ろしのイラスト、設定、裏話など、さらに作例記事を併せた計5〜15ページ程度で構成されている。連載第1回目の冒頭説明によると、この物語はガンダムワールドをベースにオリジナル設定を付加。元連邦軍パイロットの架空の著書「ネオ・ファリアの中で」からエピソードを抜粋して構成するフォトストーリーであるという事だが、実際は『Zガンダム』の外伝ともいえるストーリーにあたり、アナハイムエレクトロニクスが密かに開発したMSを越える機動兵器「ソード」をめぐる物語であり、「ソード」のテスト風景から実験部隊としてシロッコの木星師団と戦うに至る経過をパイロットのモノローグ風文章と模型によって綴られたフォトストーリーである。
また、この連載は時期的な事から察するに、ライバル誌である『モデルグラフィックス』の連載記事『ガンダム・センチネル』の対抗馬として始まったものであると思われる。『ガンダム・センチネル』がガンダム世界の「リアルさ」を追求した企画であったのに対し、この『タイラント・ソード』は「藤田一巳氏個人の作品」といった物であったように思える。このスタンスは永野護氏がアニメ作品であった『エルガイム』を永野氏個人の作品『ファイブスター物語』へと昇華させていった過程に近いものであったかもしれない。様々なガンダムデザインを見慣れた今日の目で見てもそのガンダムワールドを越える大胆なデザイン・設定は斬新で、それゆえ当時としては、いまひとつ受け入れられない先進的な物であったのかもしれない。

第1回  SCENE.1 (87年9月号)
登場MS/RS-82B-RジムU改(1/144ジムU改造)、製作&製作記事/千葉 延雄
第2回 SCENE.2 (87年10月号)
登場MS/RSNF-81-STI-SESネモ・ソード改(1/100フルスクラッチ)、製作&製作記事/千葉 延雄
第3回 (87年11月号)
登場MS/SX・NFR-OISESタイラント・ソード(1/100フルスクラッチ)の未完成品、製作&製作記事原田 正彦
 ※作例が〆切に間に合わなかった為、作製途中のモデル写真と藤田一巳による「タイラントソード」の設定画の掲載という変則的な記事となっている。従ってフォトストーリーは休載。
第4回 SCENE.3 (87年12月号)
登場MSSX・NFR-OISESタイラント・ソード(1/100フルスクラッチ)、製作&製作記事原田 正彦
登場MS
/RS・NF-81-SES-Vスレイブ・ソード(1/144セミスクラッチ)、製作&製作記事/藤田 伸二
第5回 SCENE.4 (88年1月号)
登場MS/ABFS-RR01Sメッサーラ・ディノファウスト・ジュピター(1/144フルスクラッチ)、製作&製作記事/女美由寿製作協力野本 憲一
※この回は藤田一巳によるキャラクターの画稿も発表されました。
最終回 SCENE.5 (88年2月号)
登場MS/SXNFR-02SEVスレイヴ・ソード(1/144フルスクラッチ)、製作&製作記事/野本 憲一
登場MS
/ABFS-RR01Sメッサーラ・ディノファウスト・アルファ(1/144フルスクラッチ)、製作&製作記事/女美由寿
登場MS
/SXNFR-OISESタイラント・ソード改「アグレス」(1/100フルスクラッチ)、製作&製作記事/原田 正彦

(原文:TEDさん、編集:アフランシ・シャア)

[1989年作品]

機動戦士ガンダム0080 "WAR IN THE POCKET" 消えたガンダムNT
ジャンル:ゲームブック
著者/望月雄太郎
出版社/バンダイ(バンダイ文庫)、定価/480円、初版発行/1989.03.20、ISBN4-89189-012-6


[HOME] [GUNDAM] [GAIA GEAR] [CHAT] [BBS] [TRADE] [MELTOMO] [M.L.] [LINKS] [MEMORIAL]

GUNDAM:[HISTORY] [QUIZ] [RANKING] [QUESTION] [BANANA] [SARUGUN] [INTRO] [SUBTITLE] [VOCAL] [ANTHOLO]

INTRO:[VISUAL] [NOVEL] [COMIC] [SOUND] [GAME] [OTHERS]