せわたりのホームページ

過去のとっておきの1枚


信号が消えている・・・ 1999/11/23
先月、京都で大規模停電が起きた時、私はJR山陰本線の電車に乗っていました。 そして11時50分、吉富駅。行き違いの予定もないのに、 「信号待ちです。しばらくお待ち下さい」とのアナウンス。 どうしたのだろうと思って一番前に行ってみると、「あ・・・」 信号が消えていました。結局、信号が再びともるまで約20分、 電車は吉富駅に止まったままでした。でも、もっと大変だったのは、 前方に見える踏切。たぶん、遮断機が下りたところで停電になったためだと思いますが、 この20分の間、遮断機が下りたままになっていました。 遮断機をくぐって渡る人、あきらめて引き返す車、といった光景が見られました。
(1999/10/27 JR吉富駅にて撮影)
1999/12/02
この11月27日に、近鉄京都線の東寺〜竹田間の高架化が完成しました。 この区間は私にとって、生まれた頃からのなじみの区間で、 今回の高架化の完成で、昔から見慣れた線路の風景が大きく変わったことに、 感慨深いものを感じてしまいました。余談になりますが、 東寺駅前のスーパー「サカエ」も、今年になって建てかえられ、 先月オープンと、このあたりの風景もどんどん変わっています。 東寺駅や十条駅で、高架完成記念の入場券が発売されていましたが、 自分が生まれ育った街の鉄道が装いを新たにした記念だからということで、 思わず買ってしまいました。
(1999/11/30 近鉄十条駅にて撮影)
高架化された近鉄京都線
木場公園のミレニアム花壇 2000/01/04
このホームページの「ひとりでできるもん!ロケ地めぐり」、 その大幅パワーアップの原点というべき場所が、東京都江東区の木場公園です。 それゆえに私は、東京に行くごとに、この木場公園に足を運んでいます。 そして、昔の舞ちゃんのことを思い出してしまうのです。
写真は、木場公園大橋の南側にある花壇です。この花壇は、季節ごとにデザインが変わっています。 この冬のデザインは、まさしく、「ミレニアム花壇」です。 この写真ではちょっと見にくくて申し訳ございませんが・・・ 東京近辺にお住まいで実物を見てみたいという方は、ぜひ木場公園まで足を運んでみてください。
(2000/01/03 木場公園にて撮影)
2000/02/20
2000年1月〜3月の、「滋賀デスティネーションキャンペーン」にあわせて発売されている、 「南びわ湖一日フリー乗車券」を使って出かけてみました。 琵琶湖のちょうどくぼんだ部分にかかる琵琶湖大橋、そしてその下を通過するヨットという、 「近畿の水がめ」ののどかな一風景を撮ってみました。 自分たちの飲み水は、この琵琶湖から来ているのだから、大切にしないと、とも思いました。
(2000/02/11 道の駅 びわ湖大橋米プラザにて撮影)
琵琶湖大橋と湖に浮かぶヨット
間近に見た日吉ダム 2000/03/17
京都府日吉町の桂川で、一昨年に完成した日吉ダムです。 このダムでは、ダムの壁を間近に見ることができる場所があるのですが、 そこに立ってダムを見ると、ものすごく巨大なコンクリートの固まりだなあと思ってしまいました。 ここでは、一般の人にダムのことを紹介するインフォギャラリーが、なんとダムの内部にあります。 そして、この写真の下のほうにある入口が、そのインフォギャラリーの入口です。 ただ、上に上がってダム湖のほうを見て、この中にたくさんの集落がしずんだのだなあと思うと、 ちょっとばかり複雑な気持ちになってしまいます。
(2000/03/17 日吉ダムにて撮影)
2000/03/31
豊橋市内を走る豊橋鉄道の市内電車。待っていると、こんな電車が来ました。 最初は、レトロ調電車かなあと思ったのですが、乗ってみて、中に書かれていた、 この電車の経歴を見てビックリ。なんと、昭和2年(1927年)の製造という、 非常に古い電車だったのです。つまり、今年(2000年)で73歳という電車なのですね。 そう、レトロ調ではなく、本当のレトロ電車なのです。 これだけ長い年月を経て、今なお現役でお客さんを運び続けていることを考えると、 ほんとうにすごい電車だなあと思ってしまいました。
(2000/03/26 豊橋鉄道市内電車 駅前駅にて撮影)
昭和2年製 豊橋鉄道市内電車
カタクリの花 2000/05/03
春の六甲山に出かけて、高山植物園でカタクリの花を見ることができました。 カタクリの花の命は10日間ほどで、その後、長い休眠期に入るとのことですから、 花を見ることができたのは、けっこう幸運だったのかも? カタクリはユリ科の植物で、 以前はその根から片栗粉が作られていました(現在市販されている片栗粉は、 馬鈴薯のでんぷんです)。そういえば、「ひとりでできるもん!」舞ちゃん編3年目の「ブンボーグ伝説」の中で、 「カタクリ=ユリ科」なんて話も出ていた記憶があります。ほんとうはもっと大きい植物なのかあと思っていたのですが、 実際には高さ15cmほどの小さくてかわいい花で、こんなに小さい植物なんだなあと、 ちょっと意外に感じてしまいました。
(2000/04/09 六甲高山植物園にて撮影)
2000/06/14
生駒駅と生駒山上の遊園地とを結んでいる近鉄生駒ケーブル。そこにこの春、 イヌとネコ、オルガンとケーキをデザインした、とっても楽しい車両がデビューしました。 写真上はそのうち、ケーキをデザインした「スイート」の外観、写真下はこの「スイート」の車内です。 いかにも、遊園地へのアクセス路線らしい、子どもが喜びそうな車両です。 そして車内の装飾も、いかにも「プレイルーム」だなあと感じてしまいました。 遊園地につながるケーブルならともかくとして、一般の通勤電車にこんな車両が走っていたら、 絶対に落ち着かないだろうなあと思ってしまいました。
(2000/06/11 近鉄生駒山上駅にて撮影)
近鉄生駒ケーブル「スイート」とその車内
生駒山のテレビ塔群 2000/06/14
生駒山はそれほど高い山ではないものの、大阪、奈良、京都を見渡せる山ということで、 テレビ各局などの電波塔が多数建てられています。山上にある遊園地「スカイランドいこま」の南方が、 それらの電波塔の集中地域です。このように何本も林立する電波塔を目の前で見ていると、 その建ちように圧倒されるのと同時に、普段何気なくテレビを見ている私たちの生活が、 これらの電波塔によって支えられていると言っても過言ではないのだなあと感じました。
(2000/06/11 スカイランドいこまの南方にて撮影)
2000/09/10
今年、私は家で、久しぶりに朝顔とひまわりを育てていました。 そして咲かせたのが、この写真のようなひまわりの花です。家の物干場から顔を出すような形で、 けっこう大きな花が咲きました。この写真ではちょっと見にくいのですが、 この写真を撮った時には、ちょうど蜂がひまわりの花に来ていました。ある意味、のどかな光景です。 この夏は晴天続きで非常に暑かったので、水を切らさないようにするのがとても大変でした。 なにせ、1日水をやらないとしおれてしまうという状況でしたので・・・ この暑かった夏の思い出・・・ということで、この写真を掲載してみました。
(2000/08/16 自宅にて撮影)
家で咲かせたひまわり
穴が開けられたフェンス 2000/10/09
 京都府と滋賀県の府県境付近、JR東海道本線・湖西線の山科〜大津・西大津間にかかっている歩道橋で撮った写真です。 この写真からも察しがつくとおり、列車を眺めたり、写真を撮るのには絶好のロケーションのところです。 ところが、歩道橋を見ていると、何ヶ所か、穴が開けられたところが・・・ 列車の写真を撮るのは自由でしょうけれど、こういう心無いことをするのは誰だろう・・・と思ってしまいました。
(2000/07/20 大津市藤尾奥町にて撮影)
2000/11/23
 上の写真は、家から近い、地下鉄・近鉄の竹田駅で、ホームの天井を見上げたところです。 で、吊り下げられている青い物体は何だろうと思い、上の写真の黄色い枠で囲った部分を拡大したものが、 下の写真です。実はこれ、CDだったのです。この場所には他にも2枚ほど、同じように吊り下げられていました。 たぶん壊れた、もしくは使われなくなったCDだと思うのですけれど、このように吊り下げて、 ハト除けに使えるというのには、ちょっと驚きでした。たしかに、光を反射してキラキラ光りますからね。
(2000/11/10 京都市営地下鉄・近鉄 竹田駅にて撮影)
天井から吊り下げられたCD
「十和田湖冬物語」の大雪像 2001/02/11
 こういう大きな雪像といえば、札幌の雪まつりが有名ですが、札幌だけではありません。 青森県の十和田湖の湖岸でも、「十和田湖冬物語」というイベントで、このような大雪像が作られていました。 ふだん、ほとんど雪の積もらない地域に住んでいる私にとって、こういう大きな雪像を目の前で見ると、 本当に雪でこんなすごい作品が作れるものだなあと思ってしまいます。当日は、子の大雪像の前で、 みかん拾いゲームとかも行われていました。なお、「十和田湖冬物語」は、 2月2日(金)〜18日(日)までの開催されていました。
(2001/02/04 「十和田湖冬物語」会場にて撮影)
2001/02/26
 大阪〜青森間を13時間かけて走る、特急「白鳥」ですが、この3月3日のダイヤ改正で姿を消すことになりました。 私が乗車した時(2月6日)の場合、夜が明ける前に、ホームにもたくさん雪の積もった青森駅を出て、 京都駅に着くのは日が暮れた後という、ものすごい長旅です。そして、 青森駅に乗り入れるほかの昼間特急が3両〜6両なのに対して、この「白鳥」は9両という、堂々とした編成です。 今回、40年間にわたって走り続けた「白鳥」に敬意を示して、ここに掲載いたしました。
(2001/02/06 JR青森駅にて撮影)
青森駅出発前の特急「白鳥」
月ヶ瀬梅渓の梅 2001/03/15
 3月になると、桜の花にさきがけて、梅の花が花どきを迎えます。奈良県の梅の名所として知られる、 月ヶ瀬村の月ヶ瀬梅渓でも、少しずつ梅の花が開いてきました。この時期はまだまだ、 暖かい日もあれば寒い日もあるという状態ですが、開きつつある梅の花を見ていると、 もう春はすぐそこに来ているのだなあと感じてしまいます。
(2001/03/14 月ヶ瀬梅渓にて撮影)
これまでのNHKテキスト「ひとりでできるもん!」4月号
2001/04/01
 NHK教育TVの「ひとりでできるもん!」も、この4月で、放送開始から10年を迎えました。 現在、主人公は5代目の今田 まいちゃんになり、初代の水沢 舞ちゃんを演じていた平田 実音さんはもう17歳ということを考えると、 時間的スケールの大きさを感じてしまいます。今回は、「ひとりでできるもん!」の放送10周年を記念して、 '93年4月号(創刊号)から今月号までのテキスト4月号をずらっと並べてみました。 これがいわば、「ひとりでできるもん!」の歴史ってものですね。
(2001/04/01 自宅にて撮影)
2001/06/10
 京都市営地下鉄の開業20周年を記念して、先日、竹田車両基地にて「地下鉄まつり」が行われました。 写真は、その中で公開されていた、地下鉄整備工場です。ここでは、地下鉄の車両をさまざまなパーツに分解して、 整備が行われているとのことです。
 京都に地下鉄が開業した時、私は小学2年生でした。その時、京都〜北大路間13分というのが、 ものすごく速いなあと感じていたのを覚えています。これからも、京都の足として、 いつまでも活躍することを願っています。
(2001/05/27 京都市交通局竹田車両基地にて撮影)
京都市営地下鉄烏丸線の整備工場
室堂から見た立山 2001/08/05
 先日初めて、立山黒部アルペンルートに行きました。立山黒部アルペンルートは、 今年で全線開通30周年です。
 立山駅からケーブルカーと高原バスを乗り継ぎ、高原バスの終点が写真の室堂です。 このあたりは標高約2400メートル。3105メートルの立山も、間近に見ることができます。 アルペンルートはこの先、トロリーバスやロープウェーなどを乗り継いで、信濃大町まで通じていますが、 こんな山の上まで手軽に行けるようになるまでには、ものすごい困難があったとのことです。 困難を乗り越えて、このルートを作った方々にも感謝しなければならないと思いました。
(2001/07/11 立山室堂平にて撮影)
2001/12/09
 大阪方ではまだルートの決まっていない北陸新幹線。候補ルートの1つに当たっている、 京都府亀岡市では、あちこちで新幹線誘致の看板が見られます。ただ、おもしろいのが、 そこに描かれている新幹線の車両。上の写真のような、比較的新しい看板には、 長野行新幹線(北陸新幹線)で使われているE2系が描かれているのですが、 下の写真のような、古い(おそらく、10年か15年以上前にできた)看板には、 「オレンジ帯の0系」なる、今では考えられないような車両が描かれています。 これが、その時その時の北陸新幹線のイメージ、なのでしょうか?
(2001/10/14 上:JR並河駅 下:JR亀岡駅 にて撮影)
北陸新幹線誘致看板あれこれ
岸和田だんじり祭 2002/11/03
 1ヶ月ちょっと前の写真ですが・・・ 私は関西在住でありながら、今年初めて、 有名な岸和田のだんじり祭を見ました。この日は、市内に10基以上のだんじりが練り出すのですが、 1つのだんじりを100人以上で、まさしく、老若男女を問わず町内総出という感じで曳いているのが印象的でした。 だんじりが通る目の前にいるだけでもその熱気が感じられ、地元の方がおっしゃっていた、 「この時期になると胸が騒ぐ」というのが分かるような気がしました。
(2002/09/15 南海岸和田駅前にて撮影)
2002/12/24
 クリスマスが近づくと、各地でイルミネーションが見られます。 今回は、それらの中から2枚、取り上げてみました。

 盛岡でも12月になると、駅前などにイルミネーションが作られていました。 特に今年は、東北新幹線「はやて」デビューということで、このようなイルミネーションもありました。
(2002/12/01 JR盛岡駅前にて撮影)

イルミネーション 盛岡編
イルミネーション 名古屋編 2002/12/24
 一方、名古屋駅では駅ビルにこのようなイルミネーションができていました。 上のアーチは、けっこう大きくておどろきました。
(2002/12/22 JR名古屋駅前にて撮影)
(以下の写真は、クリックすると別ウィンドウで大きな写真が見られます。)
此花区内の阪神西大阪線 2003/02/26
 大阪市の北西部を走る、阪神電車西大阪線のある風景です。 すっかり、此花区の風景の中に溶け込んでいます。 この阪神西大阪線、今は西九条〜尼崎間での運転ですが、難波への延伸工事が 間もなく始まろうとしています。 完成するのは数年後ですが、その時には近鉄奈良線と直通運転をする予定とのこと で、この線路を近鉄電車も走ることになります。 そうなると、この風景もちょっと変化があるかもしれませんね。
(2003/02/23 大阪市此花区内にて撮影)
屋敷山公園の噴水 2003/03/24
 いよいよ春です。ぽかぽか陽気になると、外に出て、公園とか行ってみたくなるものです。 こういう大きな公園に来ると、池の回りを散歩してみるもよし、芝生の上でお弁当を広げるもよし、 今まで寒かった分、外に出るのが心地よく感じられるものです。池の噴水も、 春になると不思議とやわらかく感じられます。この日は家族連れの方も多くいて、 それぞれに春の陽気を感じているようでした。
(2003/03/23 奈良県新庄町(現・葛城市) 屋敷山公園にて撮影 ・・・このあたり
三段滝 2003/11/16
 広島県・三段峡にある、三段滝です。三段峡は紅葉の名所として知られていますが、 私が行ったときには紅葉はピークを過ぎていました。しかし、山の中のハイキングコースを歩いた先にある滝は、 こんな山の奥深いところにあるんだなということを考えると、秘境というものを感じてしまいます。
 この日も、三段峡へと通じている、JR可部線で多くのハイキング客が訪れていました。 しかし、そのJR可部線の可部〜三段峡間が、この11月30日で廃止されます。 鉄道が廃止されると、三段峡もますます秘境という感じになってしまうのでしょうか?
(2003/11/12 広島県戸河内町(現・安芸太田町) 三段峡にて撮影 ・・・このあたり
七夕の日の京阪私市駅 2004/07/17
 京阪交野線に沿って、「天野川」が流れてます。 地図はこちら。
 写真は、7月7日、七夕の日の私市駅の模様です。 澄んだ空に短冊を下げた笹・・・ きっと、織姫と彦星は出会えたことでしょう。
(2004/07/07 大阪府交野市 京阪私市駅にて撮影 ・・・このあたり
紅葉とJR仙山線 2004/11/03
 山形県・山寺の近くで撮った写真です。
赤や黄色に染まった山をバックに走る、JR仙山線です。
ちなみに、この写真を撮った橋は、みぃるカーが通ったところです。
(2004/11/03 山形県山形市 山寺近くにて撮影 ・・・このあたり
田中駅前の光の装飾 2005/01/05
 1月3日夜の、しなの鉄道田中駅前です。
東部町と北御牧村が合併し、東御市が発足して初めてのお正月。市の玄関口である田中駅前には、こんな光の装飾がありました。 なんか、新しい市をアピールしているみたいですね。
(2005/01/03 長野県東御市 しなの鉄道田中駅前にて撮影 ・・・このあたり
有明海のカモメ 2005/02/16
 有明フェリー(熊本県・長洲〜長崎県・多比良)の船上から撮った、フェリーに寄って来るカモメです。 デジカメの連写モードで撮ったものですが、これ以外の写真も含めて、1枚1枚見てみると、カモメもいろいろな表情をしているなあと思ってしまいます。
(2005/02/13 熊本県長洲港〜長崎県多比良港 有明フェリーの船上にて撮影 ・・・このあたり
桜と伏見桃山城 2005/04/11
 伏見のシンボル、伏見桃山城です。一昨年、「伏見桃山城キャッスルランド」が閉園されて、跡地は現在、運動公園とするべく整備工事中です。 けれど、お城の周りの桜がとってもきれいなので、4/10(日)の1日限り、天守閣の周辺一帯が開放されました。 2年後には、「お城のある運動公園」、どのような姿になっているでしょう。
(2005/04/10 京都市伏見区 伏見桃山城にて撮影 ・・・このあたり
円月島に沈む夕日 2005/05/20
 5月はじめの連休の和歌山・白浜です。この円月島に沈む夕日は非常にきれいで、この日は非常に多くの方が見物や写真撮影に訪れていました。 場所を見定め、うまくいくと、この丸い穴の中に夕日がぽっかりと入るのですが、あいにく、水平線近くがかすんでいたようで、それは見られませんでした。
 海辺で何も考えずに日が沈んでいくのを待つ、そういう時間の過ごし方も、日ごろの疲れを癒すにはとってもいいですよ。
(2005/05/04 和歌山県白浜町 円月島を臨む海岸にて撮影 ・・・このあたり
玄武岩公園の滝にかかる虹 2005/06/19
 夜久野町の玄武岩公園で撮影したものです。
その中に、小さな滝があるのですが、ふと見ると、滝に当たり太陽の光とうまく組み合わさって、きれいな虹ができていました。 この虹、撮影したときでも少し角度を変えると見えなくなるので、これが見えるというのは、非常に見事なタイミングだったのではないかなあと思いました。
(2005/05/25 京都府夜久野町(現・福知山市) 玄武岩公園にて撮影 ・・・このあたり
古墳公園とひまわりと 2005/08/11
 写真後方の埴輪がたくさん立った山は、京都府綾部市の私市円山古墳です。1988年、この下を通る高速道路建設の際に見つかった古墳ですが、 京都府では最大級の古墳とのことです。約1500年前にこの一帯を治めていた王の墓と言われています。今では、古墳公園として整備され、 頂上まで登ることができます。
古墳公園から下りて、最寄のバス停に戻ると、ひまわりがたくさん咲いていました。そこで、私市円山古墳公園をバックに、 そのひまわりを撮ってみました。
(2005/08/07 京都府綾部市 湯殿バス停付近にて撮影 ・・・このあたり
高槻の京大農場 2005/09/11
JR高槻駅・阪急高槻市駅から徒歩15分のところに、京都大学大学院農学研究科附属農場があります。 私にとっては、学生時代に実習に通った、思い出のある場所です。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。
(2005/09/07 大阪府高槻市 阪急京都線 高槻市〜上牧間の車内にて撮影 ・・・このあたり
雪化粧した大文字 2006/01/11
冷え込んだ京都の街、市内でも北のほうに行くとうっすらと雪化粧していました。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2006/01/06 京都市左京区 吉田山山頂にて撮影 ・・・このあたり
質志鍾乳洞内 ここから垂直降下 2006/04/06
JRバス桧山駅から京丹波町営バスに乗ること30分(ちょっと大回りすることもあって)、京丹波町質志に、府下で唯一の鍾乳洞、質志鍾乳洞があります。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2006/04/01 京都府京丹波町 質志鍾乳洞内にて撮影 ・・・このあたり
行列出発前の七福神 2006/05/13
今日は近くの藤森神社のお祭、藤森祭です。その中で行われる神役行列の中で、今年約300年ぶりに復活された七福神の行列に、私も参加することになりました。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2006/05/05 京都市伏見区 藤森神社境内にて撮影 ・・・このあたり
東御市民まつりの花火と田中駅 2006/08/05
昼間は小諸市内の布引観音参拝や温泉めぐりをした後、夜には東御市・しなの鉄道田中駅前の「ゆうふるtanaka」へ。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2006/07/30 長野県東御市 ゆうふるtanakaテラスにて撮影 ・・・このあたり
火のアートフェスティバル 野外ステージ 2006/10/18
今日は、長野県東御市の八重原芸術むら公園で開催されている、「火のアートフェスティバル2006」へ出かけました。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2006/10/15 長野県東御市 八重原芸術むら公園にて撮影 ・・・このあたり
紅葉の二ノ瀬駅と「こもれび」号 2006/12/10
先週末から今週(11/25〜12/3)にかけて、京都の紅葉も見頃になりました。私も先週末に、観光地としてはメジャーになっていないような紅葉を探して、叡山電車の二ノ瀬駅に出かけました。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2006/11/25 京都市左京区 叡山電鉄二ノ瀬駅にて撮影 ・・・このあたり
背割堤公園の桜並木 2007/04/06
桂川・宇治川・木津川の三川合流点近く、京都府八幡市の背割堤公園です。宇治川と木津川に挟まれた背割堤に、全長1.4kmの桜並木があります。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2007/04/06 京都府八幡市 背割堤公園にて撮影 ・・・このあたり
箱根登山電車とあじさい 2007/07/01
6月の箱根。その風物詩の1つが、あじさい電車です。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2007/06/27 神奈川県箱根町 箱根登山鉄道宮ノ下駅にて撮影 ・・・このあたり
雪の銀閣寺 2008/02/09
今日は、京都にも本格的に雪が降りました。降り始めてしばらくすると、みるみるうちに積もっていくような感じでした。
続きは、総合ブログのこちらの記事で。

(2008/02/09 京都市左京区 銀閣寺にて撮影 ・・・このあたり


せわたりのホームページ へ戻る