トップイメージ

顔痩せの方法3:顔のたるみにきく表情筋エクササイズ

顔が大きく見える原因には、アゴと頬の筋肉の衰えとリンパの停滞が原因とによって、本来の顔の輪郭が崩れるためだといわれています。特に頬は、顔の中でも脂肪が一番多い場所だといわれています。油断すると、すぐにタプタプしてきて、それがたるみの原因になります。

そこで、アゴと頬のたるみをとるためのエクササイズで筋肉をキュッと引き締めて、顔の輪郭を本来の姿に戻し、しまった小顔を手に入れましょう!

顔痩せエクササイズ1:舌体操

1.口をとがらせながらグッと前に突き出す。
2.そして頬の中に入っている空気をすべて、ゆっくりと吐き出す。時間は5秒。
  歯茎と頬が吸い付くような感じになるように行ないます。
3.そのままゆっくり5つ数えます。
4.その後は唇をすぼめたまま、ゆくりと頬に空気を入れていきます。
5.いっぱいになったら、そこで5つ数えます。
6.その後ゆっくりと空気を吐き出してます。

これをスムーズに5回セット繰り返しましょう。

顔痩せエクササイズ2:ペットボトルを使った顔痩せリンパマッサージ

リンパの滞りを解消するには、先ほど紹介したリンパマッサージでもいいのですが、ここでは、ペットボトルを使った、エクササイズを紹介します。

このペットボトルを使ったエクササイズでリンパの滞りを解消し、頬とアゴをスッキリさせる効果が期待できます。

1.まず丸みを帯びた空のペットボトルを用意します。
2.このペットボトルを鎖骨の下側に沿って、やさしくマッサージしていきます。
3.次に、首筋を上から下へと左右それぞれ一回づつ押し出す下アゴから、頬、耳へと左右それぞれ1回づつ押し出していきます。

これを一日3回3セットを、ゆっくりと行います。

顔のむくみに効果的なサプリメントがあると効いて取り寄せてみました。

Copyright (C) 2008 顔痩せ情報 ne.jp All Rights Reserved.