おりづる歯科医院とは?

 

歯の治療は怖いですか?

 

無痛治療の研究

 

障害者診療について

 

行動変容法

 

鎮静法/全身麻酔

 

訪問診療

 

口腔ケア

 

歯科ペインクリニック

 

インプラント

 

ホワイトニング

 

Q&A

 

スタッフ

 

スタッフブログ

 

 

求人

 

メール

 

診療のご案内

休診日

 日曜、祝祭日、第4土曜日

(ただし、祝祭日がある週の

 第4土曜日は診療します)

診療時間(予約時間

 9:00〜12:00

 14:00〜18:00

・基本的には予約制です

・急患には対応しますので、

 ご連絡ください

アクセス

駐車場あり

・最寄りのバス停:七軒茶屋

・最寄りの駅:

  JR可部線 七軒茶屋駅

マップ

歯科ペインクリニック

口のなかの痛みとは?

歯が痛んだり、しみたりするのは嫌なものです。ひどくなると夜眠れなくなったりすることもあります。では、歯の痛みの原因は何でしょうか?ほとんどは虫歯と歯ぐきの炎症が原因ですが、意外に他に原因がある場合も多いのです。

1. 虫歯による痛み

 虫歯の細菌が歯髄(歯の神経)に炎症を引き起こし、痛んだり、刺激に敏感になってしみたりしやすくなります。ひどくなると、虫歯の細菌が歯髄に感染し、回復しなくなるため歯髄の除去が必要です。冷たいものだけでなく熱いものも歯にしみて痛むようになります。

 さらに進行すると歯髄が腐敗して、歯髄のなかの神経が圧迫されて壊死し、持続的な強い痛みを引き起こすこともあります。この状態になると、口の中全体が痛んだり、原因歯の反対側が痛むように感じることがあります。これは、痛みが伝わる延髄の一部が刺激に過敏になり、他の歯への刺激でも痛みを感じるようになるためです。

 細菌が根の周囲に感染すると、歯槽骨(歯を支える骨)の内部が炎症を起こしたり、膿がたまり脈をうつような痛みを引き起こす場合もあります。さらに膿がたまると、骨から出て歯ぐきが腫れてきます。こうなると、歯ぐきを切って膿を出す必要があります。

2. 歯ぐきの炎症(歯周疾患)による痛み

 歯の根元についた細菌が歯ぐきに炎症をおこし、体調が崩れて抵抗力が落ちた時など、歯ぐきが腫れて痛みがおこります。うっ血した歯ぐきから出血して楽になったり、抵抗力が回復すると一時的に痛みが無くなりますが、直ったわけではなく、慢性の炎症に移行してじわじわと歯ぐきや歯槽骨はダメージを受けています。治療の基本は、歯の周囲の細菌を減少させること。歯垢や歯石を取ったり、歯の表面を研磨(PMTC)して細菌が付きにくくすれば、歯ぐきの炎症をおさえ歯周疾患の進行を止めることができます。

 進行して歯の周囲に深いポケットができると、歯磨きでは歯垢が取りきれなくなり、ポケットを浅くするフラップ手術が必要になることも。また歯槽骨がとけて歯が動きだし、噛む時に痛みが出るときは、噛みにくくなった部分を削って負担を減らしたり、周囲の歯と連結して動きを減らしたりする治療が必要になることがあります。

3. 知覚過敏

 歯が痛いのに、歯科医院で悪いところはないと言われ、キツネにつままれたような思いをした方もおられるでしょう。これは虫歯や歯周疾患などの治療の必要なところはないという意味で、痛みがある状態はもちろん正常とはいえません。

 最も多いのは歯の根元の歯ぐきが縮み、感覚のある根元が露出してしまった状態で、歯磨きなどのわずかな刺激でもひどく痛みます。歯の根元は象牙細管という微少な穴で直接歯髄とつながっており、痛みは虫歯によるものとなんら変わりません。刺激により神経が炎症を起こすと痛みはさらに強くなり、歯髄を除去しなければならない場合も。治療は薬剤や樹脂で象牙細管をふさぎ、刺激を遮断するようにします。

 また、親知らずが生えようとする時に、顎の骨に十分なスペースがなく他の歯を押して動かしてしまうことがあります。かみ合わせが狂って歯によけいな力がかかり、歯が敏感になって歯が痛んだりしみたりします。かみ合わせの調整と親知らずを抜く必要があります。

4. 顎関節症

 口を開けたり閉めたりする時に、音がする方は意外と多いものです。音がするだけの場合はあえて治療する必要はありませんが、痛みがあったり口が開きにくくなってきた場合は問題です。

 歯並びやかみ合わせが悪く、顎の関節に負担がかかっている場合は、調整が必要です。また、食事以外の時に痛みが出る場合は、くいしばりや歯ぎしりをしていることが多いようです。通常、食事時以外は、口は閉じていても上下の歯の間は少し開いているものです。常に噛む力が顎にかかると、歯や関節に負担がかかったり、筋肉が疲れて肩や側頭部が痛んだりすることもあります。起きている時は意識的に少し上下の歯を離すようにし、必要ならスプリントという器具を作って、寝ている時に関節にかかる負担を減らすようにします。

5. 神経系に原因がある痛み

 神経系に原因がある顔面の痛みとしては、三叉神経痛と帯状疱疹が有名です。顔面神経痛と言われることもありますが、顔面神経は感覚神経でなく運動神経のため痛みを伝えることはありません。痛みを伝えるのは三叉神経で、顔面神経痛は顔面の神経痛という意味で使われるようです。

 三叉神経痛は、三叉神経節という顔面や口の中の感覚の中継所を、隣り合う血管が動脈硬化を起こして圧迫することによって起こります。上顎の犬歯付近を刺激すると強烈な痛みが起こることが多く、虫歯と間違われて歯髄の除去や抜歯をされたりすることもあります。治療は抗けいれん剤の内服が一般的ですが、圧迫している血管を神経節から離す減圧術を脳神経外科で行うことも。

 帯状疱疹は水疱瘡の原因になる帯状疱疹ウイルスが原因で、顔面では主に目の周りや頭部に発症し、口の内部や周囲では多くありません。

 脳内出血や脳硬塞などで倒れたあと、口の中に痛みを感じることがあります。手が不自由になったため口の中が不潔になり、虫歯や歯周疾患になっていることが多いのですが、まれに脳内の痛みを感じる部分が障害を受けて過敏になっていることもあります。この場合、食事や歯磨きなどの軽い刺激にも痛みを感じるようになってしまいます。よく聞くと、頭など他の部分も敏感になっていることが多いようです。尖った部分を丸めるなど、口の中の刺激が減るように治療し、不十分な場合は脳内の過敏になった部分の興奮性をおさえるよう治療を受けましょう。