トップイメージ

足が細くなる歩き方の基本

このページでは、足をより細くなる歩き方を研究していきます。

足が細くなる歩き方とは?

足が細くなり、きれいに見える歩き方とは、3点歩行で足裏を安定させて歩く事だと考えています。3点とは具体的には、「かかと」「指の付け根」「足指」の3点を指します。

モデルさんの歩き方をテレビなどで観察すると、地面をしっかりと踏みしめて歩いているのが分かります。

この歩き方をすると余計な負担が下半身にかからないし、全身のバランスを足裏でコントロールすることができます。その結果、余計な筋肉や脂肪を脚に付けない様に歩く事ができるようになります。

バランスをうまくとらないで歩くと、足が太くなっていきます。
キレイな足を作るには足裏にある3点を使ってうまく歩いてみてください。

準備運動1

開脚運動を行い、骨盤の開閉する力を呼び覚まします。
脚を90度以上に広げて、手を前に出しながらゆっくり前に上半身を倒していきます。
最初は出来ないかもしれませんが、毎日少しの時間でも続ける事によって、ひざを締めて歩く癖を身についていきます。
大体期間的には1ヶ月程は様子を見るようにしてください。

準備運動2

新陳代謝を上げるための安全な運動です。
座布団やクッションなど、脚に置き、うつ伏せになります。
もう一人はうつぶせになった人の足裏を優しく踏んでいきます。
血行がよくなり、うっ血がとれていきます。結果として新陳代謝が上がっていきます。

ウォーキングのコツ

 1.背筋を伸ばして歩く。
 2.上半身に余計な力が入らないように歩く。
 3.腕を前後に思いっきり振り上げて歩く。
 4.かかとから着地するように歩く。
 5.足を離すときに親指で強く地面を蹴るように歩く。
 6.歩幅をとり、スピードも遅すぎたり早すぎたりせず一定のスピードで歩く。
 7.たまにランニングも取り入れてみるのもよいでしょう。

Copyright (C) 2008 太もも・下半身ダイエットne.jp All Rights Reserved.